「アンドレ・ジェダルジュ」の版間の差分

大幅に修正
(新しいページ: ''''アンドレ・ジェダルジュ'''(André Gédalge)はフランス作曲家。 (27 December 1856 – 5 February 1926) ==略歴== パリ音楽...')
 
(大幅に修正)
'''アンドレ・ジェダルジュ'''(André Gédalge [[1856年]][[12月17日]] – [[1926年]][[2月5日]])は[[フランス]]の[[作曲家]]、[[音楽理論家]]。 (27 December 1856 – 5 February 1926)
 
==略歴==
[[パリ音楽院]]学び[[エルネスト・ギロー]]に師事し[[ローマ大賞]]は第二席。アーネスト・ジローの元で学ぶを受賞。19世紀末に[[オペラ]][[バレエ]]を連作して注目を浴びるが、新世代の台頭とともに教育者としての定評を得る。彼の数多い弟子の中には[[ナディア・ブーランジェ]]が含まれており、ブーランジェはジェダルジュから教わったとおり、[[フーガ]]を最上の過程と位置づけた。
 
現在ジェダルジュは「'''フーガの教程'''」の著者として知られている。[[モーリス・ラヴェル]]は「ジェダルジュ先生からは技術を学びました」と回顧したとおり、厳しい[[エクリチュール]]を弟子に伝えた。Enoch社から復刻販売されている。
 
「[[ルイジ・ケルビーニ]]先生は対位法とフーガという名著を残されたが、実は先生の範例には若干の誤りがあり、私がそれを直しました」というコメントにあるように、実は「'''対位法の教程'''」も残されていたが、長らく非売品であった。21世紀に入り新しい出版社から出版されたものの、その出版社が消滅したことにより、現在遺族の許可を得て[[パブリックドメイン]]としてダウンロードが可能になっている。
 
==主要な作品==
===オペラ===
*''Pris au piège'' (1890), Opéra-Comique
* André Gedalge – ''Pièces instrumentales et mélodies'' Geneviève Laurenceau, violin – Mario Hacquard, baritone – Lorène de Ratuld and Claude Collet, piano – Benny Sluchin, trombone – Antoine Curé, trumpet. CD Polymnie (2007)
 
==参考文献出典==
*[[:fr:André Gedalge|フランス語版ウィキペディア]]の記事に基づく[[:en:André Gedalge|英語版ウィキペディア]]の記事を翻訳。
*''This article incorporates information from the [[:fr:André Gedalge|French article]] of the same name. (June 2006.)''
 
==外部リンク==
*[http://www.musimem.com/gedalge.htm MusiMem site on André Gedalge]
 
{{DEFAULTSORT:しえたるしゆ あんとれ}}
 
[[Category:1856年生]]