「エルネスト・ギロー」の版間の差分

m
編集の要約なし
m (ボット: 言語間リンク 11 件をウィキデータ上の (d:Q727341 に転記))
m編集の要約なし
'''エルネスト・ギロー'''('''Ernest Guiraud''', [[1837年]][[6月23日]] - [[1892年]][[5月6日]])は[[フランス]]の[[作曲家]]。
 
[[1837年]]に、[[アメリカ合衆国|アメリカ]]の[[ニューオーリンズ]]で生まれる。[[1852年]]にフランスに移住し、[[パリ国立高等音楽・舞踊学校|パリ音楽院]]にて学ぶ。[[1859年]]には[[ローマ賞]]を受賞(ちなみに、彼の父も[[1827年]]にローマ賞を受賞している
 
[[1876年]]にパリ音楽院の教授に就任し、[[クロード・ドビュッシー]]や[[ポール・デュカス]]などを指導した。
 
[[ジョルジュ・ビゼー]]と親交があり、ビゼーの死後『[[アルルの女]]』第2組曲を編曲したのはギローである。他に[[ジャック・オッフェンバック|オッフェンバック]]の未完の[[オペラ]]『[[ホフマン物語]]』の補筆完成で知られるが、自身の作品は今日ではほとんど知られていない。
 
[[1892年]]、[[パリ]]にて死去。
 
== 外部リンク ==