「森永奈緒美」の版間の差分

→‎来歴・人物: 出典付記。
(→‎来歴・人物: 出典付記。)
[[1981年]]に[[ジャパンアクションエンタープライズ|ジャパンアクションクラブ]]に入団。次世代のアクション俳優の1人として全盛期のJACを支えた。
 
特に[[1984年]]から1年間演じた『[[宇宙刑事シャイダー]]』のアニー役では、[[ミニスカート]]のコスチューム姿でハードなアクションを披露して注目を集めた<ref name="taizen">宇宙刑事大全 2000年双葉出版 [[円谷浩]]のインタビューより</ref><ref>{{Cite book |和書 |editor=竹書房/イオン編 |date=1995-11-30 |title=超人画報 国産架空ヒーロー40年の歩み |publisher=[[竹書房]] |pages=173 |id=C0076 |isbn=4-88475-874-9}}</ref><ref>{{Cite book|和書|author = 石井博士ほか |year = 1997 |title = 日本特撮・幻想映画全集 |publisher = 勁文社 |page = 291 |isbn = 4766927060}}</ref>。森永の起用は、シャイダー役の[[円谷浩]]がギャバン役の[[大葉健二]]やシャリバン役の[[渡洋史]]のように、アクション俳優ではなかったことが理由だと言われている。
 
1990年以降はヘアヌード写真集や脱ぎ役などの仕事が多かった。また、初めてヌード写真集を出版した際には仕事で付き合いの多かった[[小笠原猛]]監督に送ったそうで、小笠原は「あれにはびっくりした」と驚いたという。
42,108

回編集