「M82 (天体)」の版間の差分

m
編集の要約なし
m
| colspan="2" | [[ファイル:Ursa major constellation map.png|200px|center]]
|}
'''[[メシエ天体|M]]82''' ([[ニュージェネラルカタログ|NGC]] 3034) は、[[おおぐま座]]にある銀河。距離は1200万光年。[[1774年]]に[[ヨハン・ボーデ|ボーデ]]が[[M81 (天体)|M81]]と同時に発見した。ボーデは「星雲状の光斑で青く楕円」としている。[[1781年]][[シャルル・メシエ|メシエ]]は「星のない星雲でM81に先行、M81ほどはっきりしない。望遠鏡で同じ視野にみえる。端に微星があり、微かで全体がのびている」とした。[[ジョン・ハーシェル]]は「非常に大きく明るく、腕が出ている」としている。スミスは「長くて狭く、北端が明るく、M81より青白い」と記した。[[1871年]][[ウィリアム・パーソンズ|ロス卿]]は「ボーデの星雲。奇妙に曲がりくねった腕がある」とした。
 
双眼鏡では小さくぼんやりと見える。口径5cmの望遠鏡では、細長い姿を見ることができる。6cmの望遠鏡では、周辺のでこぼこや片方が明るいのが分かってくる。中心部の複雑な様相は、この口径でも観察できる。4インチ屈折でマラスは「非常に多くの大小様々の明るい光点が示され、正しく諸うつつする宇宙の様相を思わせる」とした。M81の丸い形との対照が面白い。その形から'''葉巻銀河''' (Cigar Galaxy) ともいう。
20,374

回編集