「IC 1101」の版間の差分

m
編集の要約なし
(カテゴリと、Abellの統一)
m
'''IC 1101'''は、[[Abell 2029]][[銀河団]]の中央部にあるS0型[[楕円銀河]]である。
 
IC 1101は、既知で最も大きな[[銀河]]である。直径は600万[[光年]]と、[[銀河系]]の60倍大きい。およそ100兆個の[[恒星]]で構成されており、これは銀河系の300倍以上の数であると考えられている。質量は銀河系の約100倍である。もし銀河系の位置にIC 1101を置いた場合、[[大マゼラン雲]]のような銀河系の[[伴銀河]]はおろか、[[アンドロメダ銀河]]まで飲み込まれてしまう。
 
IC 1101のような巨大な楕円銀河は、小さな銀河同士の衝突によって誕生すると考えられている。
20,374

回編集