「ゴスペル (音楽)」の版間の差分

m
→‎概要: リンク修正、ほか
m (ボット: 言語間リンク 43 件をウィキデータ上の d:q180268 に転記)
m (→‎概要: リンク修正、ほか)
[[奴隷]]としてアメリカ大陸に連行されたアフリカ人は彼ら独自の言語・宗教などをいっさい剥奪された。その苦しい状況下で、彼らのうちのある人々は、救いを与えるゴスペル(福音)と出会い、個人的なキリスト教への改心を経て、神に彼ら独自の賛美をささげるようになった。こうしてアフリカ特有の跳躍する[[リズム]]、[[ブルー・ノート・スケール]]や口承の伝統などとヨーロッパ[[賛美歌]]などの音楽的・詩的感性が融合して[[スピリチュアル]]('''黒人霊歌''' negro spiritual などとも言う)という現在のゴスペルの基調となる音楽が生まれた。後年になって[[ジャズ]]や[[ロック (音楽)|ロック]]など様々なジャンルと結びついてその音楽性は今も進化し続けている。
 
[[教会 (キリスト教)|キリスト[[教会]]でもこれを用いる教会と用いない教会があるが、特に青少年のための礼拝にはバンドまで繰り出して盛んに使われ、[[カトリック教会|ローマ・カトリック教会]]でも事実上若い信者の獲得のために公認している。
 
なおゴスペル・ミュージックには、[[1930年代]]から[[黒人教会]]で演奏され始めた'''ブラック・ゴスペル'''(一般的にはこちらを指す)と、南部州の[[白人]][[クリスチャン]]アーティストが歌っていた'''ホワイト・ゴスペル'''がある。ブラック・ゴスペルとホワイト・ゴスペル両者とも同じ[[メソジスト]]賛美歌が源流であるが、黒人と白人の教会それぞれが完全に分離していた(→[[人種差別]]、[[ジム・クロウ法]])ため、両者の音楽性もかなり異なったものになっている。今日では、ブラック・ゴスペルを「ゴスペル」、ホワイト・ゴスペルを「コンテンポラリー・クリスチャン・ミュージック(CCM) (CCM)」と呼ぶのが通例。
 
教会、礼拝 ([[:en:Christian worship|Christian worship]]) に関連した場所・イベントのみで演奏した[[マヘリア・ジャクソン]]。ナイトクラブなど世俗での演奏をした[[ゴールデン・ゲート・カルテット]]、[[クララ・ワード]]。教会・クラブどちらでも活動した[[アル・グリーン]]など。活動姿勢は様々だった。また、センセーショナル・ナイチンゲイルズで活躍したジュリアス・チークスは、その激情型の歌唱スタイルにより「最初のソウル・シンガー」と呼ばれた。
 
== 影響 ==
3,691

回編集