メインメニューを開く

差分

事件・逮捕直後は累が及ぶのを恐れて動物虐待行為を仄めかしていた掲示板利用者が激減、一頃は動物虐待行為に対する非難一色に染まった(→[[炎上 (ネット用語)|炎上]])。近年では一部の動物虐待行為に嗜好を示す者が舞い戻ってきてはいるものの、実質的な犯罪行為の実行が疑われるケースでは、他の利用者から通報されているともいい、事件当時のように直接的な犯行をほのめかすケースはほとんどなくなっている模様。
 
ただし虐待事件は全く無いと言うわけでもなく、[[2006年]](平成18年)[[4月]]に[[公園]]で捕まえた猫を踏んで殺害、その写真を投稿した[[東京都]][[江戸川区]]の男性(20歳)が逮捕されたケース(→[[産経新聞]]報道<ref>[http://www.sankei.co.jp/chiho/saitama/070209/stm070209000.htm 産経新聞]{{リンク切れ|date=2009年7月}}</ref>・[[ 発達障害]]があることを理由に懲役6ヶ月執行猶予3年の判決)がある。
 
現在のところ、ペットを含む動物とその所有者(飼い主)に対する批判といった、元々の掲示板設置経緯に沿った議論も少数見られるものの、動物虐待行為を愛好ないし非難する側が双方荒らすことから真剣な議論は行われておらず、主に古くからあるペットに関する掲示板の方で静かに続いている。現状の内容は、専ら動物虐待行為に対する擁護論と批判論の衝突と並行して、無意味なレスや[[コピーアンドペースト]]による[[愉快犯]]的な荒らし行為が続いていたり、る。また動物関連のニュースなどは、他の2ちゃんねるの掲示板同様の他愛ないおしゃべりで埋め尽くされている。
 
==関連事象==
1,779

回編集