「超軽量ジェット機」の版間の差分

m
グラスコクピット→グラスコックピット
m (リンク切れ)
m (グラスコクピット→グラスコックピット)
 
==開発==
多数の機種が現在開発中で近年実現した先進的かつ低価格の[[アビオニクス]]と[[グラスコクピット]]技術を備える。VLJは従来のジェット機より低コストで{{convert|3000|ft|m|0}}くらいの短い滑走路で運行できる。アメリカでは[[NASA]]と[[連邦航空局|FAA]]が開発を支援している。
 
[[小規模航空交通システム]]は航空路線の無い地域へも運行され、これらの"[[オンデマンド]]"エア・タクシーサービスは需要が伸びつつある。これまでの累計で3,000機以上のVLJが航空機製造メーカーに発注されている。
4,774

回編集