「第一次ミトリダテス戦争」の版間の差分

編集の要約なし
ミトリダテス6世は遠隔にあるスッラとの和平交渉をはじめた。小アジアに上陸したスッラと会談して[[紀元前84年]]に'''ダルダノスの和約'''(Dardanos、現:[[ダーダネルス海峡|ダーダネルス]])を取り決めた。主な内容は以下の通りであった。
 
# ミトリダテス6世は占領した地方(カッパドキア、ビテュニア、[[フリギア]](アシア属州)、[[{{仮リンク|パフラゴニア]]|en|Paphlagonia}} )を全て放棄して、カッパドキア王及びビテュニア王が元の地位へ復帰することを認める。
# ミトリダテス6世は自身の個人資産から賠償金として2,000タラントをローマに支払う。
# ポントス海軍の軍船を全てローマへ引き渡す。
匿名利用者