「カイラス山」の版間の差分

m
座標を統一
m (座標を統一)
{{Infobox 山
{{Coor title dms|31|4|56|N|81|18|46|E|type:mountain}}{{Infobox 山
|名称=カイラス山
|画像=[[Image:Kailash Tibet.jpg|300px|カイラス北面]]
|標高=6656
|座標={{ウィキ座標2段度分秒Coord|31|4|0|N|81|18|45|E|region:CN_type:mountain|display=inline,title}}
|所在地={{CHN}} [[チベット自治区]]
|山系=[[ヒマラヤ山脈]] [[岡底斯山脈]]
 
== 信仰 ==
[[Image:Chortens andKailash.jpg|leftright|280px|thumb|カイラス山北壁と[[ストゥーパ]]]]
 
[[仏教]](特に[[チベット仏教]])、[[ボン教]]、[[ヒンドゥー教]]、[[ジャイナ教]]で[[聖地]]とされる。聖地とする理由は様々であるが、例えば、ヒンドゥー教ではカイラス山を[[リンガ]](男根)として崇拝し、ポン教では開祖のシェーンラップ・ミヨが降臨した地としている。カイラス山の周囲の[[巡礼]]路を、チベット仏教徒は右回りに、ボン教徒は左回りに[[コルラ]]と呼ばれる巡礼行為を行う。一周約52kmある巡礼路は、[[ゲルワ・グーツァンパ]]が開いたといわれている。
9,726

回編集