「窓関数」の版間の差分

Gauss window。ガウシアン窓 (Gaussian window) とも。
 
最も理想的な窓関数だが、インパルス応答が無限に続き[[コンパクト・サポート]]でない(有界区間の両端で0にならない)ので、計算時間が無限に必要で実際には使えない。使うときは、実用上必要なインパルス応答の長さまでで計算を打ち切る必要がある。無限にインパルス応答が続くフィルタの場合、不連続に打ち切った場合には矩形窓を掛けた事になり、必ず周波数領通過帯域にリップルが発生するため、他の[[コンパクト・サポート]]な窓関数を併用する事で滑らかに打ち切り、近似特性を改善する工夫が行われる事がある。主に、[[ガボール変換]] (Gabor transform)や連続ウェーブレット変換で使われる。
*<math>w(x) = \exp \left( -\frac{x^2}{\sigma^2} \right) </math><br style="clear:both" />
 
匿名利用者