「生祀」の版間の差分

m
 
== 概略 ==
=== 中国における生祠 ===
 
[[前漢]]の[[欒布]]が燕の丞相であった時、燕と斉の間にその社を立てて、「欒公社」と呼んだ。また[[:zh:石慶]]が斉の丞相であった時、斉人は「石相祠」を建てた。これが生祠の始まりである<ref>[[趙翼]]『陔餘叢考』巻三十二『生祠』「此為立生祠之始」</ref>
 
[[唐]]代では、現任の官員が碑や祠を建てることに一定の制限があった。『[[唐律疏義]]』によればみだりに生祠や德政碑を建てたものは、「諸在官長吏實無政跡輒立碑者、徒一年(官吏で功績がないのに石碑を建てたものは、徒罪一年)」と[[徒罪]]一年の処分を受けなければならなかった。<ref>《[[唐律疏議]]》巻十一〈職制律〉</ref>。『[[日知録]]』では、唐は「當日碑祠之難得」と称し、石碑や祠を建てることが難しかったと語る。
 
[[明]]代では、[[滕県|滕州市]]の百姓が、当地で清廉な政治を行い[[燕京]]に赴任することになった[[:zh:趙邦清]]を記念して、生祠を作ったところ、「黃童白叟、羅而拜之(子供から年寄りまで、列をなして拝んだ)」という。
 
明の[[天啓帝]]の時代、宦官の[[:zh:司禮監]][[:zh:秉筆太監]]であった[[魏忠賢]]は自ら政治を行って天下を支配し、媚びへつらうものや権勢を畏れるものは彼のために生祠を立てた。天啓七年(1627年)五月、国子監生の陸万齢は、「孔子は『春秋』を作り、忠賢は『要典』を作った。孔子は少正卯を誅し、忠賢は東林を誅した」ため魏忠賢は孔子と並び論じられるべきであると上書した。天啓七年四月、[[袁崇煥]]と[[兵部尚書]]の[[:zh:閻鳴泰]]は上奏して、魏忠賢の功德を讃え、前屯の両地に魏忠賢のため生祠を立てることを求めた<ref>『明熹宗実録』:"天启七年四月“薊遼總督閻鳴泰、巡撫袁崇煥疏,頌魏忠賢功德,請於寧前建祠,賜名懋德。」袁崇煥疏稱:「廠臣魏忠賢功在社稷,海內之共見共聞,業已銘刻金石,無容職贅,至其身任遼事,誓□恢復,梟滅逆虜,任用劉應乾、陶文、紀用等,而關內外禦敵之伏甲軍器馬匹懸簾等項,俱以家資置辦,日逐解來,又助軍需。臣方一意巡緝,嚴警諸營將吏,不敢貪懦營私,不敢餽遺隱串,改虛為實,化賈為真,易怯為勇,以有今日。浞古內臣誰有出其右者!"(『明熹宗七年都察院実録』天啓六年十月)</ref>。その後、魏忠賢の生祠は「天下にあまねく」、「祠ごとの費用は多くて数十万少くても数万を費やし」、「民の財を奪い、公けの金庫を侵し,伐られた樹木は数え切れない」という。黄運泰がを生祠作り塑像を迎えた時には「五拜三稽首」し、「文武の将吏を率いて階段の下に整列し、始めのごとく拝礼した」という。
 
[[顧炎武]]が嘆いていうには「今の代には生祠を建てない官はいない。そして任を去ってから幾年も経たずにその像を壊し、その主人を替える。」という<ref>《日知録》巻 23〈生碑〉、644ページ。</ref>。
 
=== 日本における生祠 ===
自己の霊魂を祀る生祀は、長命を得るため、あるいは死後に神となるために行われた。[[大国主|大国主命]]が自らの[[奇魂]]・[[幸魂]]を三諸山(三輪山)に祀った故事に由来するとされる。
 
 
昭和天皇の生祀は[[1923年]](大正12年)北海道十勝国本別村義経山上に、昭和天皇、香淳皇后の生祀は[[1928年]](昭和3年)広島市広瀬町に成立した。
=== 中国における生祠 ===
 
[[前漢]]の[[欒布]]が燕の丞相であった時、燕と斉の間にその社を立てて、「欒公社」と呼んだ。また[[:zh:石慶]]が斉の丞相であった時、斉人は「石相祠」を建てた。これが生祠の始まりである<ref>[[趙翼]]『陔餘叢考』巻三十二『生祠』「此為立生祠之始」</ref>
 
[[唐]]代では、現任の官員が碑や祠を建てることに一定の制限があった。『[[唐律疏義]]』によればみだりに生祠や德政碑を建てたものは、「諸在官長吏實無政跡輒立碑者、徒一年(官吏で功績がないのに石碑を建てたものは、徒罪一年)」と[[徒罪]]一年の処分を受けなければならなかった。<ref>《[[唐律疏議]]》巻十一〈職制律〉</ref>。『[[日知録]]』では、唐は「當日碑祠之難得」と称し、石碑や祠を建てることが難しかったと語る。
 
[[明]]代では、[[滕県|滕州市]]の百姓が、当地で清廉な政治を行い[[燕京]]に赴任することになった[[:zh:趙邦清]]を記念して、生祠を作ったところ、「黃童白叟、羅而拜之(子供から年寄りまで、列をなして拝んだ)」という。
 
明の[[天啓帝]]の時代、宦官の[[:zh:司禮監]][[:zh:秉筆太監]]であった[[魏忠賢]]は自ら政治を行って天下を支配し、媚びへつらうものや権勢を畏れるものは彼のために生祠を立てた。天啓七年(1627年)五月、国子監生の陸万齢は、「孔子は『春秋』を作り、忠賢は『要典』を作った。孔子は少正卯を誅し、忠賢は東林を誅した」ため魏忠賢は孔子と並び論じられるべきであると上書した。天啓七年四月、[[袁崇煥]]と[[兵部尚書]]の[[:zh:閻鳴泰]]は上奏して、魏忠賢の功德を讃え、前屯の両地に魏忠賢のため生祠を立てることを求めた<ref>『明熹宗実録』:"天启七年四月“薊遼總督閻鳴泰、巡撫袁崇煥疏,頌魏忠賢功德,請於寧前建祠,賜名懋德。」袁崇煥疏稱:「廠臣魏忠賢功在社稷,海內之共見共聞,業已銘刻金石,無容職贅,至其身任遼事,誓□恢復,梟滅逆虜,任用劉應乾、陶文、紀用等,而關內外禦敵之伏甲軍器馬匹懸簾等項,俱以家資置辦,日逐解來,又助軍需。臣方一意巡緝,嚴警諸營將吏,不敢貪懦營私,不敢餽遺隱串,改虛為實,化賈為真,易怯為勇,以有今日。浞古內臣誰有出其右者!"(『明熹宗七年都察院実録』天啓六年十月)</ref>。その後、魏忠賢の生祠は「天下にあまねく」、「祠ごとの費用は多くて数十万少くても数万を費やし」、「民の財を奪い、公けの金庫を侵し,伐られた樹木は数え切れない」という。黄運泰がを生祠作り塑像を迎えた時には「五拜三稽首」し、「文武の将吏を率いて階段の下に整列し、始めのごとく拝礼した」という。
 
[[顧炎武]]が嘆いていうには「今の代には生祠を建てない官はいない。そして任を去ってから幾年も経たずにその像を壊し、その主人を替える。」という<ref>《日知録》巻 23〈生碑〉、644ページ。</ref>。
 
==注==