「堀江芳介」の版間の差分

加筆
(加筆)
[[1883年]](明治16年)1月、[[陸軍戸山学校]]次長となり、同年2月、陸軍[[少将]]に昇進し同校校長に就任した。[[1885年]](明治18年)5月、[[近衛歩兵第1旅団]]長に転じた。[[月曜会事件]]により、[[1886年]](明治19年)7月、歩兵第6[[旅団]]長に転出し、同年8月、休職(欧州出張)となり、さらに[[1888年]](明治21年)12月、[[予備役]]に編入された。
 
[[1888年]](明治21年)11月、元老院議官に就任。[[1890年]]7月の[[第1回衆議院議員総選挙]]に山口県第4区から出馬し当選。衆議院議員を一期務めた。[[1890年]](明治23年)10月20日、[[錦鶏間祗候]]となる<ref>『官報』第2195号、明治23年10月22日。</ref>。さらに、[[阿月村]](現在[[柳井市]]阿月)[[村長]]に就任。
 
==脚注==
{{Reflist}}
== 参考文献 ==
*上田正昭他『日本人名大辞典』講談社、2001年。
164,533

回編集