「辛酸なめ子」の版間の差分

編集の要約なし
}}
{{漫画}}
'''辛酸 なめ子'''(しんさん なめこ、[[1974年]](昭和49年)[[8月29日]] - )<ref>{{Cite web|author=辛酸なめ子|url=http://sinsan.blog.smatch.jp/about.html|title=プロフィール|work=辛酸なめ子の女一人マンション|publisher=スマッチ!|language=[[日本語]]|accessdate=2011-02-05}}</ref> - )は、[[日本]]の[[漫画家]]、[[コラムニスト]]<ref name="cuotation13"/>。女性メディア・アクティビスト<ref>{{Cite journal|和書|author=木村尚子、我妻正清、遠藤敏文|coauthors=|year=2006|month=12|title=専門家タレント解体新書|journal=[[日経エンタテインメント!]]|volume=10|issue=16|pages=pp.91|publisher=[[日経BP社]]|location=[[東京都]]|accessdate=2011-02-05}}</ref>。[[東京都]][[千代田区]]生まれ[[埼玉県]]育ち。血液型A型。愛称は、「'''なめちゃん'''」。[[武蔵野美術大学短期大学部]]デザイン科グラフィックデザイン専攻卒業<ref name="cuotation13">{{Cite book|和書|chapter=QONVERSATIONS|title="QUOTATION" Worldwide Creative Journal|isbn=978-86505-004-2|publisher=MATOI PUBLISHING|url=|volume=No.13|date=2012-12-12|pages=84-85}}</ref>。
 
[[ペンネーム]]は高校時代に自主制作した新聞『小西新聞』のコラム「針金アート入門」で使ったもので、周りから「薄幸そうに見える」とよく言われていたことに由来する<ref name="oshipai1">{{cite interview |subject= 辛酸なめ子|subjectlink= |interviewer= テツコ|title= 突撃型インタビューおしえて、センパイ!|url=http://tokyojoshi.com/oshipai/vol2/|callsign = |city= [[東京都]]|date= |program= 東京女子プロジェクト|accessdate=2011-02-05}}</ref>。デビュー当初は漫画やイラストの執筆時に「辛酸なめ子」、その他の文筆業やアート作品の制作では「池松江美」と名義を使い分けていたが、最近では境界が曖昧になりつつある。
 
== 経歴 ==
東京都千代田区で生まれ、[[埼玉県]]で育つ。子供の頃から[[ヨーロッパ]]の[[貴族]]を題材にした[[漫画]]などを描いていた<ref name="oshipai1"/><ref name="newspostseven20140210">{{Cite journal | 和書 | url = http://www.news-postseven.com/archives/20140210_240288.html | title = 辛酸なめ子 遺伝子検査で白人の血混じってないと判明し衝撃 | journal = [[女性セブン]] | issue = 2014年2月20日号 | publisher = [[NEWSポストセブン]] | date = 2014-02-10 | accessdate = 2014-03-24 }}</ref>。[[女子学院中学校・高等学校]]に入学。高校時代の同級生には[[フリーアナウンサー]]の[[膳場貴子]]、[[日本テレビ放送網|日本テレビ]][[アナウンサー]]の[[馬場典子]]などがいる。高校時代に勉強しなくなったため、美術系の[[武蔵野美術大学短期大学部]]に入学、デザイン科グラフィックデザイン専攻<ref name="oshipai1"/>。同校在学時に[[中ザワヒデキ]]の事務所でアルバイトをするかたわら、様々な創作活動を行なっていた。[[1993年]](平成5年)に[[Macintosh]]で[[HyperCard]]を使った作品を制作し、[[1995年]](平成7年)にはWebサイト『女・一人日記』を開設するなど、PCやインターネットを媒体とするマルチメディア作品に早くから取り組んでいたことでも知られる。短大時代に[[上野俊哉]]の授業で「メディア・アクティビスト」という職業を知り、これをきっかけに自らもメディア・アクティビストと名乗っている。
 
[[1994年]](平成6年)に渋谷[[パルコ]]のフリーペーパー『GOMES』主催のGOMES漫画グランプリでGOMES賞を受賞(審査員は[[吉本ばなな]])。これをきっかけに雑誌の連載などを始める<ref name="oshipai1"/>。
|title= インタヴュー|url=http://apm.musabi.ac.jp/imsc/cp/menu/artist/shinsan_nameko/interview.html|callsign = |city= [[東京都]]|date= 2004-12-08|program= Culture Power |accessdate=2011-02-05}}</ref>。
 
また、慇懃でおっとりとした文体とは裏腹に独特な画風と皮肉の効いたコラムで人気を博しており、「ガーリーな毒」と称される。現在、『[[週刊文春]]』の「ヨコモレ通信」、[[サイゾー]]の『女・一人修業』他、新聞・雑誌に多数の連載を抱えている。また、[[黒田清子|黒田清子(旧名:紀宮清子内親王)]]のファンであり、彼女の[[皇族]]時代には[[皇居]]の[[皇室#一般参賀|新年一般参賀]]に出向いたこともあったほか、小冊子『Saaya & Me』も作製した<ref>河上イチロー『サイバースペースからの挑戦状』雷韻出版、1999、pp.22-43「スーパーネットワーカーズ対談2 2 池松江美/辛酸なめ子」</ref>。[[護憲]]派にして(以下の共著参照)、日本の歴史と伝統を重んじる[[保守]]系[[皇室]]ウオッチャーの1人である。
 
女性向けの最新流行文化を自ら体験し、それに対する違和感を皮肉たっぷりに表現する仕事が多いが、「[[ソウルメイト]]を探している」とたびたび発言し展覧会のテーマにするなど、[[ニューエイジ]]文化の一部についてはビリーバーである。サイン会ではサインと共に好きな動物などのイラストを描いてくれる<ref>{{Cite web|author={{PAGENAME}}|authorlink=|coauthors=|date=2008-11-21|url=http://sinsan.blog.smatch.jp/blog/2008/11/post-e9e1.html|title=再起動の合間に…|work=辛酸なめ子の女一人マンション|pages=|publisher=スマッチ!|language=[[日本語]]|accessdate=2011-02-05}}</ref>。
[[横尾忠則]]を尊敬している。
 
「自分にはフランス人の、しかも貴族の血が流れていたらいいな」と思い、子供の頃からヨーロッパ貴族を題材にした漫画を描いていたが、病気のリスクを知ることができるという[[アメリカ合衆国]]の遺伝子検査「{{仮リンク|23andMe|en|23andMe}}」を受けた際、祖先の人種構成は80.79%が日本人、祖先が居住していた国は日本・[[モンゴル]]・[[中国]]で、白人の血は含まれていないという結果が出て落胆した<ref name="newspostseven20140210">{{Cite journal | 和書 | url = http://www.news-postseven.com/archives/20140210_240288.html | title = 辛酸なめ子 遺伝子検査で白人の血混じってないと判明し衝撃 | journal = [[女性セブン]] | issue = 2014年2月20日号 | publisher = [[NEWSポストセブン]] | date = 2014-02-10 | accessdate = 2014-03-24 }}</ref>。また、[[心室細動]]や[[アルツハイマー]]のリスク平均値より高く<ref name="newspostseven20140210"/>、[[ノロウィルス]]への抵抗「耐性なし」<ref name="newspostseven20140210"/>、筋肉パフォーマンスは「スプリンター並み」<ref name="newspostseven20140210"/>などの結果が出た。
 
== 主な作品 ==
=== 漫画 ===
* ニガヨモギ([[三才ブックス]]、2000年 ISBN 4915540545)
* 千年王国(青林堂、2001年 ISBN 4792603595)