「兒説」の版間の差分

曖昧さ回避処理: 宋 (春秋)、スタイル、リンク
(曖昧さ回避処理: 宋 (春秋)、スタイル、リンク)
兒 説(げい ぜつ(えつ)、生没年不明)は[[戦国時代 (中国)|戦国時代]]の思想家。[[戦国時代宋 (春秋)|宋]]の出身だが、[[田斉|斉]]に行き、[[稷下の学士]]の一人となった。白は色に名づけられた概念であり、馬は形に名づけられた概念であるからにして、白馬は二つの概念であり、一つの概念である馬とは別物だ、という[[白馬非馬説]]を唱え、[[稷下の学士|稷下]]の学者を降参させたことで有名。兒説はいわゆる[[弁者]]、[[察者]]であった。[[白馬非馬説]]は他に[[公孫竜]]によって唱えられたが、兒説のほうが少し先であった。
 
兒説は、
 
{{quote|仁は心のみ。己が為にするの心有れば、則ち一言一色、皆な敢へて放ほしいままにせず。
如もし諸心を事とせずして、以て言を為し、而して其の言を巧みにし、以て人の我を親しまんことを求め、諸心を事とせずして、以て色を為し、而して其の色を善くし、以て人の我を悦ばんことを求めば、則ち外を務めて内を務めず、人の為にして己が為にせず、此の心外に馳せて天理日に喪うしなふ、其れ仁有る者は鮮すくなし。}}
 
と言ったことでも有名。これは、[[論語]]に記されている[[孔子]]の言葉、
 
{{quote|子曰く、 巧言令色、鮮すくなし仁。}}
 
という言葉から来たものであるらしい。
 
当時、[[関所]]では馬に[[通行税]]をかけていた。兒説は白馬に乗っていけば[[通行税]]を取られない、と思って白馬に乗っていったが、[[通行税]]を取られてしまった、という話がある。
== 参考文献 ==
*[[陳舜臣]] 『中国の歴史2⃣ 大統一時代 漢王朝の光と影』 (東洋印刷/[[凸版印刷]]/大口製本印刷1986年)