メインメニューを開く

差分

加筆
{{基礎情報 君主
[[ファイル:Aurangzeb T0000253 104.jpg|thumb|right|250px|アウラングゼーブ]]
| 人名 = アウラングゼーブ
'''アウラングゼーブ'''('''{{lang-fa|ابو مظفر محی‌الدین محمد اورنگزیب عالمگیر}}''' , {{lang|unicode|Abū Muẓaffar Muḥī'ud-Dīn Muḥammad '''Aurangzēb'''}} 、[[1618年]][[11月3日]] - [[1707年]][[3月3日]])は、[[ムガル帝国]]の第6代[[皇帝]](在位:[[1658年]] - [[1707年]])。第5代皇帝[[シャー・ジャハーン]]の三男。母は[[ムムターズ・マハル]]。'''アーラムギール1世'''('''Ālamgīr I''')とも称される。本名'''ムヒー・ウッディーン・ムハンマド・アウラングゼーブ'''(Muḥī'ud-Dīn Muḥammad Aurangzeb)。
| 各国語表記 = Aurangzeb
| 君主号 = ムガル帝国第6代皇帝
| 画像 = Aurangazeb.jpg
| 画像サイズ = 200px
| 画像説明 = アウラングゼーブ
| 在位 = [[1658年]] - [[1707年]]
| 戴冠日 = [[1658年]][[7月31日]]
| 別号 = [[パードシャー]]、アーラムギール、アーラムギール1世
| 全名 = ムヒー・ウッディーン・ムハンマド・アウラングゼーブ
| 出生日 = [[1618年]] [[11月3日]]
| 生地 = [[ダーホード]]
| 死亡日 = [[1707年]][[3月3日]]
| 没地 = [[アフマドナガル]]
| 埋葬日 = [[フルダーバード]]
| 埋葬地 =
| 継承者 =
| 継承形式 =
| 配偶者1 = [[ディルラース・バーヌー・ベーグム]]
| 配偶者2 = [[ナワーブ・バーイー]]
| 配偶者3 = [[アウランガーバーディー・マハル]]
| 配偶者4 = [[ウダイプリー・マハル]]
| 配偶者5 =
| 配偶者6 =
| 配偶者7 =
| 配偶者8 =
| 配偶者9 =
| 配偶者10 =
| 子女 = [[スルターン (ムガル皇子)|スルターン]]<br>[[バハードゥル・シャー1世]]<br>[[アーザム・シャー]]<br>[[アクバル (ムガル皇子)|アクバル]] <br>[[カーム・バフシュ]]
| 王家 =
| 王朝 = [[ムガル朝]]
| 王室歌 =
| 父親 = [[シャー・ジャハーン]]
| 母親 = [[ムムターズ・マハル]]
| 宗教 =[[イスラーム教]]([[スンナ派]])
| サイン =
}}
 
'''アウラングゼーブ'''('''{{lang-fa|ابو مظفر محی‌الدین محمد اورنگزیب عالمگیر}}''' , {{lang|unicode|Abū Muẓaffar Muḥī'ud-Dīn Muḥammad '''Aurangzēb'''}} 、[[1618年]][[11月3日]] - [[1707年]][[3月3日]])は、[[ムガル帝国]]の第6代[[皇帝]](在位:[[1658年]] - [[1707年]])。第5代皇帝[[シャー・ジャハーン]]の三男。母は[[ムムターズ・マハル]]。'''アーラムギール1世'''('''Ālamgīr I''')とも称される。本名'''ムヒー・ウッディーン・ムハンマド・アウラングゼーブ'''(Muḥī'ud-Dīn Muḥammad Aurangzeb)。
 
== 生涯 ==
=== 即位===
アウラングゼーブは若年からデカンの総督としてデカンに派遣されていた。父[[シャー・ジャハーン]]が1657年病床に臥すと、長男[[ダーラー・シコー]]を後継者として指名したが、ここでムガル王朝定番の皇位継承争いがおこった。アウラングゼーブは弟の{{仮リンク|ムラード・バフシュ|en|Murad Baksh}}と結んでダーラーと第2皇子{{仮リンク|シャー・シュジャー_(ムガル帝国皇子)|en|Shah Shuja (Mughal)|label=シャー・シュジャー}}を倒し、[[1658年]]までに帝位継承者としての地位を確立した。
[[ファイル:Aurangazeb.jpg|thumb|right|200px|アウラングゼーブ]]
アウラングゼーブは若年からデカンの総督としてデカンに派遣されていた。父[[シャー・ジャハーン]]が1657年病床に臥すと、長男[[ダーラー・シコー]]を後継者として指名したが、ここでムガル王朝定番の皇位継承争いがおこった。アウラングゼーブは弟の{{仮リンク|ムラード・バフシュ|en|Murad Baksh}}と結んでダーラーと第2皇子{{仮リンク|シャー・シュジャー_(ムガル帝国)|en|Shah Shuja (Mughal)|label=シャー・シュジャー}}を倒し、[[1658年]]までに帝位継承者としての地位を確立した。
 
アウラングゼーブは死刑に処したダーラーの首をシャー・ジャハーンのもとに送り、その箱を晩餐の場で開封させるなど残酷な復讐行為を行った。そして、協力者であるはずのムラードも幽閉し、のち[[16601661年]]に殺した。
 
また、父帝を[[タージ・マハル]]の見える[[アーグラ|アーグラ城]]の一室に幽閉して、ダーラーを偏愛したとして恨みの手紙を送ったり、宝石を取り上げたり、[[1666年]]に死ぬまでさまざまないやがらせをした。
 
===宗教政策===
[[File:Aurangzeb2.jpg|thumb|right|220px|アウラングゼーブ]]
[[File:Shivaji british meusium.jpg|thumb|right|220px|シヴァージー]]
アウラングゼーブは治世の前半、歴代皇帝が行なってきた[[スーフィズム]]の[[チシュティー教団]]による穏健な宗教政策を改め、[[スンナ派]]の教義をもととした[[シャリーア]]に基づく保守反動的な宗教政策となり、ヒンドゥー寺院を破壊するなど、他宗教に厳しい弾圧を行った。そのため、[[シーア派]]、[[ヒンドゥー教徒]]、[[ラージプート]]、[[マラーター同盟|マラーター族]]、[[シク教徒]]などの反感を買った。
アウラングゼーブの死後、彼の予想通りに息子たちが帝位をめぐって争いはじめ、彼自身の統治、多数の民族・宗教を抱えた政情や帝国の財政難も影響して、帝国領はたちまち分裂、衰退していった。
 
のちに混乱に乗じて帝国を見切ったデカン、アワド、ベンガルといった近隣地域が独立、[[マラーター同盟]]が強勢となり、[[1737年]]にはその宰相{{仮リンク|バージー・ラーオ1世|en|Baji Rao I}}率いる軍勢によってデリーが一時包囲されを攻撃した。アウラングゼーブの没後ちょうど30年目に起きたこのことは、[[マラーター同盟]]の台頭とムガル帝国の衰退をよくあらわしていた。
 
さらには、[[イラン]]の[[アフシャール朝]]がデリーを略奪、破壊、[[アフガニスタン]]の[[ドゥッラーニー朝]]も帝国領にたびたび侵入し、インドの植民地化を目指す[[イギリス]]などの外国勢力も介入してくるなど、帝国は急激に崩壊していった。
 
== 評価 ==
アウラングゼーブは[[アクバル]]帝以来ムガル帝国で進められてきたイスラム教徒と非イスラム教徒の融和政策と、その結果として一定程度実現された信仰の自由と宗教間の平等を破壊し、[[シャリーア]]の厳格な適用によってイスラームの優位に基づく秩序を復活させた。
 
故にイスラーム復古主義者の間ではアウラングゼーブを「護教者」とする見解が主流だが、現代的な多元主義者は、アウラングゼーブはイスラームの中から[[ムスリム]]と[[ズィンミー]]という二元的関係に基づく「不平等の共存」を越えた真の多元主義が生まれる芽を摘んだという意見をもつだろう。
ファイル:Darbarscene.jpg|黄金の玉座に座り、手に鷹を乗せるアウラングゼーブ
</gallery>
 
==参考文献==
*小谷汪之編 『世界歴史大系 南アジア史2―中世・近世―』 山川出版社、2007年
*バーバラ・D・メトカーフ、トーマス・D・メトカーフ著、河野肇訳 『ケンブリッジ版世界各国史 インドの歴史』 創士社、2009年
*フランシス・ロビンソン著、小名康之監修・月森左知訳 『ムガル皇帝歴代誌』 創元社、2009年
 
== 関連項目 ==
 
[[Category:ムガル帝国の君主]]
[[Category:クーデター政権指導者インドの君主]]
[[Category:1618年生]]
[[Category:1707年没]]
9,814

回編集