「アヨーディヤー」の版間の差分

編集の要約なし
編集の要約なし
この町を中心とした地域はかつて、アヨーディヤーの名をとって「'''{{仮リンク|アワド<!-- リダイレクト先の「[[アヨーディヤー]]」は、[[:en:Ayodhya]] とリンク -->|en|Awadh}}'''」という歴史的名称で呼ばれ、古来より数々の王朝がこの地を領して栄えた。
 
[[13世紀]]に[[デリー・スルタン朝]]が成立したのちも、アワドは重要な地域とされ、一時は[[デリー]]から独立した[[ジャウンプル・スルタン朝]]が成立した。
 
[[16世紀]]以降、この地域が[[ムガル帝国]]の支配下にはいると[[アワド太守]]が設置され、[[18世紀]]初頭に帝国が衰退すると、アワド太守はこの地に地方政権を樹立した。
 
[[1992年]][[12月6日]]、[[バーブリー・マスジド]]([[モスク]])で[[ヒンドゥー教]]強硬派に扇動された暴徒による{{仮リンク|バーブリー・マスジド倒壊事件|en|Demolition of Babri Masjid}}が起こり、この後インド各地でヒンドゥー教徒とイスラーム教徒の間で宗派間暴動が頻発した。