「日本における衛星放送」の版間の差分

 
===CSデジタル放送===
 
{{seealso|スカパー! (東経110度BS・CSデジタル放送)}}
通信衛星を用いたデジタル伝送方式の放送である。現在主力となっている有料の[[専門チャンネル]]による放送形式であり、衛星の位置・種類ごとにいくつかのプラットフォームに分かれている。
 
基本的に規格上はBSデジタルなどに近い仕組みなので、信号切り替えによるステレオ二ヶ国語(デュアルステレオ)放送などアナログ放送では不可能なものも提供可能になっている。
====東経110度CSデジタル放送====
{{seealso|スカパー! (東経110度BS・CSデジタル放送)}}
{{節stub}}
使用衛星:東経110度([[N-SAT-110]]:SUPERBIRD D,JCSAT-110)
* 2012年7月以降 - 同年1月から6月にかけて、BSデジタル放送およびキッズステーション移行に伴い返上した空き帯域(2中継器分)を順次整理。同年2月に再割当が行われた<ref>[http://www.soumu.go.jp/main_sosiki/joho_tsusin/eisei/eisei.pdf 衛星放送の現状(平成23年度第4四半期版)] - 総務省 情報流通行政局 衛星・地域放送課</ref>12社14チャンネルの放送を開始する。2012年12月1日、スカイ・A、GAORA、MTVのハイビジョン化を以って再割当完了。
 
====東経124度・128度CSデジタル放送====
=====受信設備=====
====={{seealso|スカパー!プレミアムサービス=====}}
* 2053MHzと[[#BS-IF/CS-IF|CS-IF]]信号の伝送帯域が従来のBS放送より広いため、(特に共聴受信設備では)[[アンテナ]]・ケーブル・分配器・分岐器・[[受信ブースター|ブースター]]・コネクター・壁面直列ユニット(アンテナコンセント)などの全てがこの伝送帯域に対応していることが必要である。従来のBSアナログ用[[パラボラアンテナ]]およびフラットアンテナでは、全てのチャンネルを受信出来ない場合がある。
{{節stub}}
* 特に2002年以前の110度CSチューナー非搭載の[[ビデオデッキ]]や[[DVDレコーダー]]と接続する場合、内蔵の分配器が110度CS伝送帯域非対応であることがありアンテナケーブルはそれらの機器を経由せず、伝送帯域に対応した分配器を用いて110度CS受信機器に接続しないと受信できないことがある。これに対し110度CSチューナーを内蔵した[[BDレコーダー]]は110度CS伝送帯域対応の分配器を内蔵しているので、外部分配器を別に用意する必要はない。
使用衛星:東経128124([[JCSAT]](JCSAT-3A)4A)・東経124128度(JCSAT-4A)3A)
** 各対応機器の標準的な対応伝送帯域は「2150MHz対応」である。このほか2600MHzや2655MHz対応の物も存在する。これは将来、放送に使用される可能性の有る左旋回偏波放送をも共同受信設備で受信するための仕様である。2014年現在、4K・8Kスーパーハイビジョン放送に活用の計画がある<ref>[http://www.soumu.go.jp/main_content/000229166.pdf スーパーハイビジョンに関する検討結果について(総務省)]</ref>。
 
====衛星一般放送====
東経110度CSデジタル放送以外のCSデジタル放送が該当する。受信するには専用の受信機(セットトップボックス)などが必要である。
=====スカパー!プレミアムサービス=====
使用衛星:東経128度([[JCSAT]]-3A)・東経124度(JCSAT-4A)
 
[[1996年]]、JCSAT-3を使用してパーフェクTV!が放送を開始。JCSAT-4A(後述の[[#配信事業者向け通信|配信事業者向け通信]]も参照)はJスカイBが使用する予定だったがJスカイBは開局前にパーフェクTV!に合流し、[[スカパー!プレミアムサービス|スカパー!]]としてサービスを提供している。伝送方式は欧州方式([[デジタルビデオブロードキャスティング|DVB-S]])準規を用いる。なおJCSAT-3は寿命が到来し、2007年にJCSAT-3Aへと世代交代している。
 
[[2012年]]、サービス名称を「スカパー!HD」から「スカパー!プレミアムサービス」へ変更。
 
=====ディレクTV(放送終了)=====
使用衛星:東経144度(SUPERBIRD C)
 
[[1997年]]、SUPERBIRD Cを使用して[[ディレクTV]]が放送を開始したが2000年に放送終了し、この衛星は現在デジタル音楽放送[[SOUND PLANET]]([[USEN]])が使用している(後述の[[#ケーブルテレビデジタル配信事業通信|ケーブルテレビデジタル配信事業通信]]も参照)。
 
=====モバHO!(放送終了)=====
使用衛星:東経144度([[MBSat]])
 
[[携帯電話]]など移動体向け衛星放送「[[モバHO!]]」が2004年[[10月20日]]に放送を開始したが、2009年3月31日をもってサービスを終了した。
 
=====SPACE DiVA=====
使用衛星:東経154度(JCSAT-2A)
 
SPACE DiVAは2005年、[[ミュージックバード|MUSIC BIRD]]と[[キャンシステム|CANシステム]]がJCSAT-2Aを利用して始めた多チャンネル衛星ラジオ。オーディオ圧縮MPEG1 Audio Layer2(MP2)でサンプリング周波数48kHz、復調方式QPSKで256kbpsから64kbpsまでチャンネルによって情報量(音質)が異なる。
 
=====ケーブルテレビデジタル配信事業通信=====
厳密に言えば「放送」ではないが、便宜上ここで扱う。
* 使用衛星:東経144度(SUPERBIRD C)※[[#ディレクTV|ディレクTV]]も参照・東経110度(N-SAT-110)
109

回編集