「電気館」の版間の差分

[[1903年]]([[明治]]36年)[[10月1日]]、[[吉沢商店]]が、[[東京市]][[浅草区]][[公園六区|浅草公園六区]](現在の[[東京都]][[台東区]][[浅草]]1丁目42番4号)に、「日本で初めての常設[[活動写真|活動]]専門館」としてオープンした。「常設」というのは、当時の活動写真(映画)の上映形態が、映写機を会場に設置しての「移動上映」中心だったからで、演劇等の実演を混在させない、映画の専門館であった。それまで同地には「電友館」という[[エックス線]]実験の見世物小屋があり、「電気館」はこれを改称したものである<ref name="熊本">[[熊本市]]のDenkikan公式サイト内「[http://www.denkikan.com/index_pc.html Denkikan]」の「Theater」の項の記述を参照。</ref>。
 
[[1907年]](明治40年)7月、[[京都]]の[[横田商会]]が、[[大阪]]・[[難波]]に、日本で2番目、大阪では初の常設映画館「[[千日前電気館]]」を開業した。以降、全国各地に「電気館」を名乗る映画館ができた。[[1911年]](明治44年)には、[[窪寺喜之助]]が[[熊本]]初の活動常設館「[[Denkikan|電気館]]」を現在の同市内[[シャワー通]]に創設している<ref name="熊本" />。熊本の電気館は[[1914年]]([[大正]]3年)に現在の所在地に移転以来、現在も存在している<ref name="熊本" />。⇒[[#他地域の電気館]]
 
[[1912年]](大正元年)9月、吉沢商店は、[[福宝堂]]、横田商会、[[M・パテー商会]]との4社合併で「日本活動写真株式会社」(現在の[[日活]])を設立した。「電気館」は日活の直営館となるが、すぐに[[松竹]]に手放す。
匿名利用者