「今井寿道」の版間の差分

編集の要約なし
{{Infobox 人物
'''今井寿道'''(いまい としみち,[[1863年]][[11月12日]] - [[1919年]][[9月3日]])は[[聖公会神学院]]の初代校長である。
|氏名=今井寿道
|画像=
|画像サイズ=
|画像説明=
|生年月日= [[1863年]][[11月12日]]
|生誕地= {{JPN}}・[[江戸]]
|没年月日= {{死亡年月日と没年齢|1863|11|12|1919|9|3}}
|死没地= {{JPN}}・[[東京]]
|職業= [[司祭]]、[[神学校]][[教師]]
|配偶者= 今井富美子
|子供= [[今井信道]]
}}
'''今井寿道'''(いまい としみち,[[1863年]][[11月12日]](文久3年10月2日) - [[1919年]](大正8年)[[9月3日]])は[[聖公会神学院]]の初代校長である。
 
[[江戸]][[芝]]で医師の[[今井玄斎]]の息子として生まれる。幼少期から漢学を修める。[[1876年]](明治9年)[[神谷町]]の小学校助教をしていた頃に、[[アレクサンダー・クロフト・ショー|A・C・ショウ]]宣教師から英学を学び、ショウの聖教舎の課程を修めて、[[1881年]](明治14年)に卒業する。
 
ショウの協力者として[[聖アンデレ教会]]で働く。[[1887年]](明治20年)に日本聖公会組織成立総会より、第12回総会まで代議員として、日本聖公会の指導的な役割を果たす。[[1888年]](明治21年)に[[執事]]としての按手礼を受ける。[[ビカーステス]]主教を助けて[[香蘭女学校]]を設立して初代校長になる。り、[[1903年]](明治36年)まで同女学校の基礎を造る。1887年に日本聖公会組織成立総会より、第12回総会まで代議員とし、日本聖公会の指導的な役割を果たす上げる
 
[[1889年]](明治22年)に創刊された『[[日曜叢誌]]』の編集を行った。後に、[[被差別部落]]問題について『日曜叢誌』で取り上げて、被差別部落の伝道と救済のために、相愛伝道会([[招友義会]])を設立する。
『日本聖公会祈祷書』の審査委員、『[[古今聖歌集]]』改訂委員などを務め、聖公会礼拝書の基盤を作った。
 
また、[[1889年]](明治22年)[[司祭]][[按手礼]]を受ける。また、[[1894年]](明治27年)には聖アンデレ教会主任牧師になり、1904年まで働く。[[1902年](明治35年)には[[聖教社神学校]]開校に携わり、初代校長に就任する。その間、『日本聖公会祈祷書』の審査委員、『[[古今聖歌集]]』改訂委員などを務め、聖公会礼拝書の基盤を作った。晩年には、目白聖公会を設立し、自給教会にする。
 
1889年に創刊された『[[日曜叢誌]]』の編集を行った。[[被差別部落]]問題について『日曜叢誌』で取り上げて、被差別部落の伝道と救済のために、相愛伝道会([[招友義会]])を設立する。
 
晩年には、目白聖公会を設立する。
 
== 著作 ==