「9M311」の版間の差分

編集の要約なし
m編集の要約なし
編集の要約なし
|飛翔速度=発射段階:900[[メートル毎秒|m/s]]<br />巡航段階:600m/s<ref name="Australia Air Power">{{cite web |url=http://www.ausairpower.net/APA-Rus-PLA-PD-SAM.html#Grison |title=Russian/PLA Point Defense |accessdate=2008-07-21 |publisher=Air Power Australia |author=Peter Goon| archiveurl= http://web.archive.org/web/20080715165656/http://www.ausairpower.net/APA-Rus-PLA-PD-SAM.html| archivedate= 15 July 2008 <!--DASHBot-->| deadurl= no}}</ref>
}}
'''9M311'''({{Lang-ru|9М311 Треугольник}})は、[[ソビエト連邦]](現在の[[ロシア|ロシア連邦]])の[[:en:KBP Instrument Design Bureau|KBP器械製造設計局]]で開発された[[地対空ミサイル#近距離防空ミサイル|近距離防空ミサイル]]/[[艦対空ミサイル#近接防空ミサイル|近接防空ミサイル]]。[[NATOコードネーム]]はSA-19 グリスン({{Lang|en|Grison}})
 
もっとも初期に開発された9M311を原型として、艦載用の'''9M311K (3M87)'''、輸出用の'''9M311-1'''、改良型の'''9M311M (3M88)'''、'''9M311-M1'''と順次に発展した。最終発達型の9M311-M1では[[ECCM]]性能が向上するとともに、射程も10kmに延伸された。
 
9M311シリーズは、独立したミサイル・システムとしてではなく、[[対空砲|対空]][[機関砲]]との[[複雑系|複合]][[システム]]として装備されることが多い。陸上用の[[自走式対空砲|自走式対空車両]]としては[[2K22|2K22 ツングースカ]]、艦載用の[[CIWS|近接防御火器システム]]としては[[コールチク]](輸出版はカシュタン)が開発されているが、これらはいずれも[[30mm口径弾|30mm口径]]の機関砲と組み合わされている。
 
[[21世紀]]初頭より、後継となる9M335(57E6; SA-22 グレイハウンド)ミサイルが実用化され、これを搭載する自走式対空車両として[[パーンツィリ-S1]]、近接防御火器システムとしてはパルマ(CADS-N-2)が開発されている。
 
<gallery>
14,174

回編集