「はたけやま裕」の版間の差分

編集の要約なし
 
== 人物 ==
* 出身地:[[岩手県]][[陸前高田市]]生まれ[http://www.iwate-np.co.jp/hisaichi/y2014/m03/h1403262.html 岩手日報2014年4月11日閲覧]{{独自研究範囲|[[埼玉県]]育ち|date=2014年4月}}
* 職業:[[パーカッショニスト]]、[[作曲家]]
* 学歴:[[国立音楽大学]] 打楽器専攻卒業 卒業時に日本打楽器協会新人演奏会で最優秀賞受賞<ref name="you-hatakeyama">{{Cite web |url=http://www.you-hatakeyama.com/bio/index.html |title=Biography |publisher=はたけやま裕公式サイト |accessdate=2014-04-10}}</ref>
 
== 来歴 ==
中学時代に友人の付き添いで入部した[[吹奏楽部]]で[[打楽器]]と出会いプロのパーカッショニストになる決意を固める。[http://www.korg.co.jp/SoundMakeup/SoundBytes/YouHatakeyama/ korgkorg2014年4月11日閲覧]その後、[[国立音楽大学]]に進学し卒業後にプロの世界へ現在に至る。[[桑田佳祐]]、[[井上陽水]]、[[由紀さおり]]、[[上妻宏光]](津軽三味線)、[[古澤巌]](vn)等、様々なアーティストのサポートを務める他、2007年に初のパーカッションソロアルバムを発売してから現在までに4枚のソロ名義のアルバムをリリース。どちらかと言うと裏方的な役割の多い[[パーカッション]]をフロントにセッティングしたリーダーズライブも開催。手数王ドラマー[[菅沼孝三]]氏とのバトルLIVEや[[落語]]好きが高じて[[春風亭昇太]]師匠をゲストに迎え落語と音楽のコラボレーションライブなど、その活動の域は音楽だけに留らない。第21期[[燦々ぬまづ大使]]<ref name="you-hatakeyama"/>。
 
== 作品 ==
7

回編集