「中野清 (政治家)」の版間の差分

編集の要約なし
|
|無
|[[埼玉県第7区|埼玉7区]]
|4回
|[[自由民主党 (日本)|自由民主党]]([[志帥会|伊吹派]])
|
|副幹事長
|
|http://www.k-nakano.com/ 元衆議院議員 中野清}}
'''中野 清'''(なかの きよし、[[1936年]][[1月1日]] - )は、[[日本]]の[[政治家]]。[[自由民主党 (日本)|自由民主党]]所属の元[[国会|衆議院議員]](4期)
 
== 経歴 ==
[[1971年]]、保守系無所属の川越市議会議員として立候補し、市議会議員を連続2期務める。当時の埼玉県議会議員(川越市選出)であった[[舟橋功一]]が衆議院選挙出馬時の川越市選挙対策責任者を担当した。舟橋が衆議院選挙落選後、支持者への相談が一切ないまま[[自由民主党]]を離党し[[新自由クラブ]]へ入党したため、中野は舟橋と袂を分かち、自身は保守系無所属の市議会議員として川越市議会副議長などを務めた。
 
[[1983年]]、埼玉県議会議員に初当選、連続3期トップ当選を果たした。中野本人が県議会議員であった当時の[[川越市]]を含む[[埼玉県第2区 (中選挙区)|埼玉2区]](中選挙区制下)では、保守系候補としては自由民主党の[[小宮山重四郎]]と新自由クラブの[[山口敏夫]]がいた。当時の中選挙区下では、自民党県議団の一員として活動した。当時の自民党埼玉県議団は、山口敏男系と[[土屋義彦]]系の2派が自民党県議団を構成していたが、中野は土屋義彦系の県議として活動した。県議を辞任する当時、中野は自由民主党埼玉県支部連合会広報副部長を担当していた。
 
[[1993年]]の川越市長選挙に、当時の市長[[川合喜一]]の後継指名を受け、保守系無所属で立候補した。前年の[[1992年]][[埼玉県知事]]選挙候補者選定の際に、「不退転の決意」で出馬表明した当時参議院議長の土屋義彦の出馬辞退を画策した[[金丸信]]などの一派であった山口敏夫(当時は自民党へ復党)が川越市の地盤回復を企図し、早々に支援を表明した。これに対して、小宮山は「中野は山口系市長候補」と判断し対立候補探しを行ない、過去に小宮山氏と衆議院選挙を戦い敗れた舟橋功一に白羽の矢を立てた為、保守勢力支持層がねじれ状態となり、川越市長選は小宮山、山口の[[代理戦争]]の様相を見せたものとなった。
[[2003年]]の[[第43回衆議院議員総選挙|総選挙]]では、[[小宮山泰子]]([[民主党 (日本 1998-)|民主党]])に惜敗するも[[比例北関東ブロック]]で復活当選した。
 
[[2005年]]の[[第44回衆議院議員総選挙|総選挙]]で4選。[[財務省 (日本)|財務]][[大臣政務官]]、[[法務大臣]]政務官]][[厚生労働副大臣]](労働担当)、自民党副幹事長(2回)、衆議院[[内閣委員会|内閣委員長]]を歴任。商店街を蘇らせる行動政策研究会、通称あきんど議連の会長も務めた。
 
2009年の[[第45回衆議院議員総選挙]]には[[公明党]]の推薦を受けて出馬<ref>http://www.yomiuri.co.jp/election/shugiin2009/news1 /20090730-OYT1T00850.htm</ref>するも、小選挙区で民主党の小宮山泰子に再び惨敗。[[比例代表制|比例代表]]出馬については、73歳未満と定めた自民党の党規に従い比例代表としての出馬はしておらず、小選挙区のみの出馬であった。
* [[北京オリンピックを支援する議員の会]]
* [[再チャレンジ支援議員連盟]]
 
== 関連項目 ==
* [[くらづくり本舗]]
 
== 脚注 ==
<references />
 
== 外部リンク関連項目 ==
* [[くらづくり本舗]]
*[http://www.k-nakano.com/ 元衆議院議員 中野清]
 
== 外部リンク ==
* [http://www.k-nakano.com/ 元衆議院議員 中野清]
 
{{職種|議会|
 
{{DEFAULTSORT:なかの きよし}}
[[Category:神道政治連盟の人物]]
[[Category:日本会議の人物]]
[[Category:日本の副大臣経験者]]
[[Category:日本の大臣政務官経験者]]
[[Category:比例北関東ブロック選出の衆議院議員]]
[[Category:埼玉県の地方議会議員]]
[[Category:神道政治連盟の人物]]
[[Category:日本会議の人物]]
[[Category:埼玉県出身の人物]]
[[Category:1936年生]]
7,860

回編集