「今井寿道」の版間の差分

編集の要約なし
|画像サイズ=
|画像説明=
|生年月日= [[1863年]][[11月12日]]([[文久]]3年[[10月2日 (旧暦)|10月2日]])
|生誕地= {{JPN}}・[[江戸]]
|没年月日= {{死亡年月日と没年齢|1863|11|12|1919|9|3}}
|子供= [[今井信道]]
}}
'''今井 寿道'''(いまい としみち、[[1863年]][[11月12日]]([[文久]]3年[[10月2日 (旧暦)|10月2日]]) - [[1919年]]([[大正]]8年)[[9月3日]])は、[[日本聖公会]]・[[聖公会神学院]]の初代校長である。
 
[[幕末]]の[[江戸]]・[[芝 (東京都港区)|芝]]で医師の[[今井玄斎]]の息子として生まれる。幼少期から[[漢学]]を修める。[[1876年]]([[明治]]9年)[[神谷町]]の小学校助教をしていた頃に、[[アレクサンダー・クロフト・ショー|A・C・ショウ]][[宣教師]]から[[英学]]を学び、ショウの聖教舎の課程を修めて、[[1881年]](明治14年)に卒業する。
 
== 著作 ==
*『基督教沿革史  上下』(1890年、1891年)
*『神学階悌』(1891年)
*『聖公会政治要論』(1911年)