「二子玉川園」の版間の差分

編集の要約なし
m (→‎年表: 誤表記削除)
 
== 概要 ==
[[1922年]]に[[玉川電気鉄道]]が開設した玉川第二遊園地が起源で、のち玉川電気鉄道を合併した[[東京横浜電鉄]]、[[東京急行電鉄]]の経営・運営を経て、[[1985年]]に閉鎖された。
 
建設地は[[多摩川]]左岸に面した景勝地として知られた玉川の瀬田河原と呼ばれた土地である。太平洋戦争による休止前は、[[パラシュート]]練習場、玉川プールなどを擁した。戦時中はパラシュート練習場が、[[日本海軍空挺部隊|海軍空挺部隊]]や[[挺進連隊|陸軍挺進連隊]]の訓練設備として使用され、当時経営に関わっていた[[読売新聞|読売新聞社]]に陸軍から感謝状が贈られている。戦後はフライングコースター等の施設や映画館などを有した。また、原寸大のコンクリート製の草食恐竜像が存在した。[[松任谷由実]]の楽曲「[[流線形'80|かんらん車]]」はここの観覧車を題材としたものである。
 
== 年表 ==
[[ファイル:Toyoko-Mekama map 1938.png|thumb|300px|自社の路線案内図に「'''玉川遊園地'''」「'''よみうり遊園'''」として紹介された二子玉川園(右上。『東横・目蒲電車沿線案内図』1938年)。この当時は[[多摩川スピードウェイ]]や[[綱島温泉|綱島温泉浴場]]も東京横浜電鉄の直営であった。]]
* [[1909年]] - [[玉川電気鉄道]]の手により、同社の集客施設として東京郊外の[[荏原郡]][[玉川村]]大字[[瀬田 (世田谷区・川崎市)|瀬田]]に玉川遊園地を開設。[[浅草花やしき|浅草花屋敷]]に業務を委託。「玉川閣」と名付けられた演芸娯楽施設があった。遊戯施設が少ない代わりに大運動場があった。
* [[1922年]] 7月 - 多摩川沿いに玉川第二遊園地(玉川児童園)を開設。従来の遊園地は玉川第一遊園地(または瀬田遊園地)と呼ばれるようになる。
* [[1927年]] - 玉川プールに隣接してテニスコートを設置。
* [[1929年]] - 委託経営を取りやめ、玉川電気鉄道の直営となる。
* [[1938年]][[4月1日]] - 玉川電気鉄道は[[東京横浜電鉄]]に合併。
* [[1939年]][[3月10日]] - 玉川第二遊園地は[[読売新聞]]と提携し、読売遊園と改称。のちにパラシュート練習塔が設けられる。(戦後、[[江ノ島]]に灯台として移築)
* [[1944年]] - 玉川第一遊園地を閉鎖。また、読売遊園も休業。東急社員向けの農場に転用される。
[[Category:日本の遊園地 (閉園)]]
[[Category:東京都の遊園地|廃]]
[[Category:現存しない東京都の建築物]]
[[Category:世田谷区の歴史]]
[[Category:東急グループの歴史]]
匿名利用者