「維新の三傑」の版間の差分

編集の要約なし
編集の要約なし
編集の要約なし
'''維新の三傑'''(いしんのさんけつ)とは、[[倒幕]]・維新に尽力した、[[志士]]の[[木戸孝允]]、[[西郷隆盛]]、[[大久保利通]]の3人を指す。
 
== 概要 ==
木戸孝允の[[命日]]は[[1877年]][[5月26日]]で、[[京都市|京都]]で[[病死|病没]]。西郷隆盛の命日は1877年[[9月24日]]で、[[鹿児島市|鹿児島]]で[[戦死|戦没]]。大久保利通の命日は[[1878年]][[5月14日]]で、[[東京都|東京]]の[[紀尾井坂の変]]にて倒れた。[[明治]]10年前後に時期を同じくして死去している。
 
3人の死後間もない1878年11月には既に、大久保・木戸・西郷の[[伝記]]をまとめた岩村吉太郎編『皇国三傑伝』が刊行されている。[[1884年(明治17年)3]]3月刊、山脇之人『維新元勲十傑論』には、「西郷隆盛君の如きは木戸、大久保の二君と相並びて一時は'''明治の三傑'''とも称せられ……」<ref>『維新元勲十傑論』、16頁</ref>の記載があり、[[1892年(明治25年)11]]11月刊の内山正如編『維新元勲三傑詩文集』では西郷・木戸・大久保について「蓋し明治復古の鴻業偉蹟は首として三氏の忠誠に出つ故に世称して'''明治維新の三傑'''と云ふ」<ref>『維新元勲三傑詩文集』「凡例」1頁</ref>と解説している。
 
一方、獲鹿野史『薩長幕三傑伝』(1900([[1900]]12月、上田屋書店。[[1909年]]2月、盛林堂より『明治三傑伝』として再刊)が三傑を「西郷・[[大村益次郎]]・[[勝海舟]]」としたような異説もあった<ref>これを取り上げた[[宮武外骨]]は双方に、「依怙の選定」「偏見の一つ」と辛辣な評を与えている(宮武外骨『明治奇聞』(河出文庫、[[1997年]])、101〜2頁)</ref>。また前述の『維新元勲十傑論』は、「十傑」として三傑に続けて、[[江藤新平]]・[[横井小楠]]・大村益次郎・[[小松清廉|小松帯刀]]・[[前原一誠]]・[[広沢真臣]]・[[岩倉具視]]を挙げている。
 
[[徳富蘇峰]]が生涯をかけた大著「[[近世日本国民史]]」最終巻に、三者を論じた『明治三傑』([[講談社学術文庫]]、[[1981年]]、元版は第100巻『近世日本国民史 明治時代』[[時事通信社]])がある。
匿名利用者