「抗酸菌症治療薬」の版間の差分

編集の要約なし
編集の要約なし
{{wikify|date=2011年7月}}
 
'''抗酸菌症治療薬'''(こうさんきんしょうちりょうやく)とは、[[抗酸菌]][[感染症]]に対して用いられる[[抗菌剤]]の一群を指す用語である。
 
* 一般的な細菌とは異なり、[[抗酸菌]]は発育が遅く、[[細胞壁]]の代謝は遅い上に[[ミコール酸]]を多く含む。そのため、抗酸菌は一般的に抗菌剤に対しての感受性を、[[ペニシリン系]]・[[セフェム系]]・[[カルバペネム系]]といったβラクタム系[[抗生物質]]は持たないことが多い。
* また[[結核菌]]、[[非結核性抗酸菌]]、[[癩菌]]のそれぞれも薬剤感受性に特徴があり、治療方針に相違がある。
 
* 抗酸菌は、[[DNA]]代謝阻害薬、[[葉酸]]代謝阻害薬、[[蛋白]]代謝阻害薬には感受性を示すことが多いため、下記の薬剤を用いることが多い。
* また[[結核菌]]、[[非結核性抗酸菌]]、[[癩菌]]のそれぞれも薬剤感受性に特徴があり、治療方針に相違がある。
 
* 抗酸菌は、[[DNA]]代謝阻害薬、[[葉酸]]代謝阻害薬、[[蛋白]]代謝阻害薬には感受性を示すことが多いため、下記の薬剤を用いることが多い。
 
== 結核菌 ==
薬剤耐性菌を誘導しないため、3剤以上を確実に一定期間服用させる治療が標準的である。[[WHO]]によってDirect Observed Treatment Short-course(DOTS, 直接監視下短期化学療法)が推奨されている
*[[リファンピシン]](RFP)
*[[イソニアジド]](INH)
*[[ピラジナミド]](PZA)
*[[エタンブトール]](EB)
 
標準的な化学療法では、最初の2カ月はINH+RFP+PZA+(SM または EB)の4剤で治療し、その後の4月間はINH+RFP の2剤、またはINH+RFP+EBの3剤で治療することとなっている。薬剤に対するアレルギーや副作用のため、組み合わせを変更せざるを得ないこともある。<ref>[http://idsc.nih.go.jp/idwr/kansen/k03/k03-07/k03_07.html IDWR:感染症の話 結核]</ref>
 
*[[カナマイシン]](KM)
*[[パラアミノサリチル酸]](PAS)
 
== 非結核性抗酸菌 ==
結核菌に準じた薬剤が効果を示すことが多い。一般的にはCAM+RFP+EB+SMの4剤併用である。
薬剤に抵抗性を示す菌種も多く、組み合わせを変更して加療することが多い。
 
*[[アジスロマイシン]]
:*[[アジスロマイシン]] - [[HIV]]感染者に対して保険適応が認められている。(日本)
 
== 癩菌 ==
*[[ジアフェニルスルホン]](DDS)
*[[クロファジミン]](CLF)
*リファンピシン(RFP)
この3剤併用が標準的治療である。
 
*[[オフロキサシン]](OFLX)
*クラリスロマイシン(CAM)
*[[ミノサイクリン]](MINO)
:標準的治療が副作用などのため施行できないときには、薬剤感受性も検討した上で、代替薬として用いられることもある
 
== 脚注 ==
<references/>
 
{{Medical-stub}}
{{デフォルトソート:こうさんきんしようちりようやく}}
[[Category:医学]]
[[Category:感染症|*かく]]
[[Category:抗生物質]]
匿名利用者