「ピチット県」の版間の差分

リンク設定
m (ボット: 言語間リンク 32 件をウィキデータ上の d:q237874 に転記)
(リンク設定)
thai = พิจิตร|
capital = ムアンピチット|
area = 4,531.0013|
arearank = 47th|
population = 572548,989855|
population_as_of = 20002013|
density = 126121.13|
isocode = TH-66|
mapimage = Image:Thailand Phichit.png|
location = タイ北部|
}}
'''ピチット県'''は[[タイ王国|タイ]]・[[タイ北部|北部]]の県([[チャンワット]])の一つ。[[ピッサヌローク県]]、[[ペッチャブーン県]]、[[ナコーンサワン県]]、[[カムペーンペット県]]。
 
'''ピチット県'''(ピチットけん、[[タイ語]]:จังหวัดพิจิตร)は[[タイ王国|タイ]]・[[タイ北部|北部]]の県([[チャンワット]])の一つ。[[ピッサヌローク県]]、[[ペッチャブーン県]]、[[ナコーンサワン県]]、[[カムペーンペット県]]。
==地理==
 
== 地理 ==
[[ナーン川]]と[[ヨム川]]が県内で合流し、[[チャオプラヤー川]]となる。それらの川は、肥沃な土壌を形成し[[米]]や[[ハス]]を県内主要産物に仕立て上げている。
 
== 歴史 ==
[[1058年]]([[タイ仏暦]]1602年)にプラヤー・コータボンテーラワラートによってピチットは建設された。そのときは[[スコータイ王朝|スコータイ王国]]の領土であったが、その後[[アユタヤ王朝]]の領土となった。
 
ピチットの名前は数回変わり、最初はサルワン(王の池)という名前であった。その後オーカブリー(湿地帯の町)に変わり、最終的にピチット(美)となった。
 
== 県章 ==
<table><tr valign=top><td></td><td>
県章はピチットの旧称・サルワンをデザインしている。手前の木は県内にあるワット・ポープラタップチャーン([[仏教]]寺院)の境内にある[[バニヤン]]の木である。
</td></tr></table>
 
== 行政区 ==
ピチット県は12の郡([[アムプー]])に分けられ、その下に89の町([[タムボン]]と852の村([[ムーバーン]])がある。
<table>
<tr valign="top"><td>
{{タイの県}}
[[Category:ピチット県|*]]
[[Category:タイの県|ひちつとけん]]