「納富教雄」の版間の差分

m
編集の要約なし
m (→‎経歴: 三里村は明治22年発足。)
m
 
== 経歴 ==
[[肥前国]][[小城郡]]西川(後の[[三里村 (佐賀県)|三里村]]、現在の[[佐賀県]][[小城市]])に生まれる。納富家は[[小城藩]]の武術[[師範]]の家系で、代々五郎太夫を名乗った。教雄が[[明治]]30年([[1897年]])7月に建碑した石碑によれば、五郎太夫(父祖父のどちらを指している不明)は「真之乱流[[柔術|組打]]・真之乱流棒縄術・戸田流剣術・真之乱流二刀・[[根岸流 (武術)|根岸流]][[薙刀術|長刀]]」9代師範とある。納富家の[[道場]]での他流試合で殺してしまった者を葬ったという「鬼塚」が現在も残る。
 
教雄は幼き頃より武道の興隆に志し、父から家法の武道の奥妙を究め、明治10年([[1877年]])先業を継ぎ、自邸に道場を開く。明治18年([[1885年]])佐賀県[[巡査]]に任官し、[[佐賀県警察部]]や[[師範学校]]、[[旧制中学校|中学校]]等で剣道の指導に当たったことや、佐賀[[武徳殿#大日本武徳会の武徳殿|武徳殿]](佐賀県警察本部体育館の前身)の建設で知られる。子息の[[納富五雄]]も剣道範士に進んだ。