「成田ミイラ化遺体事件」の版間の差分

m
Catmitiger (会話) による版を KMT による版へ巻き戻し
m (Catmitiger (会話) による版を KMT による版へ巻き戻し)
}}
 
'''成田ミイラ化遺体事件'''(なりたミイラかいたいじけん)は、[[1999年]]([[平成]]11年)[[11月11日]]、[[千葉県]][[成田市]]の'''マロウドインターナショナルホテル成田'''で発生した[[殺人罪 (日本)|殺人]]・[[遺棄罪|保護責任者遺棄致死]]事件。
 
== 経緯 ==
かねて[[ライフスペース]]の主催者は、頭部を手で軽く叩く「シャクティパット」と呼ぶ方法で病気を癒すことができると喧伝していた。これを信じた男性が、高齢の家族を病院から連れ出し、成田市の'''マロウドインターナショナルホテル成田'''で主催者によるこの治療法を試みた。この家族はそのまま死亡したが、主催者はこの家族はまだ生きていると主張し、男性をはじめとした周囲もこれを信じた。
 
1999年11月11日、'''マロウドインターナショナルホテル成田'''から「4ヶ月以上も宿泊している不審な客がいる」と通報を受けた[[成田警察署]]署員が、ホテルの部屋を捜索して[[ミイラ]]化した遺体を発見した。
 
事件の異常さや、主催者が記者会見で「定説」として「(被害者は)[[司法解剖]]されるまで生きていた」などと主張したことから、[[ワイドショー]]などで大きく報道された。