「ウィークボソン」の版間の差分

編集の要約なし
(pdg リンク修正)
{{Infobox particle
{| class="wikitable" style="float:right;text-align:center;"
| 背景色 =
|+ウィークボソンの性質
| 名前 = Wボソン
|-
| 画像 =
! 粒子名 !! [[質量]] !! [[電荷]] !! [[スピン角運動量|スピン]]
| 説明 =
|-
| 型数 =
| Wボソン<ref>[[#pdgW|Particle Data Group]]</ref>
| 分類 =
| 80.385(15) [[GeV]] || &plusmn;1 || 1
| 組成 = [[素粒子]]
|-
| 統計 =
| Zボソン<ref>[[#pdgZ|Particle Data Group]]</ref>
| グループ = [[ゲージ粒子]]
| 91.1876(21) [[GeV]] || 0 || 1
| 世代 =
|}
| 相互作用 = [[弱い相互作用]]
| 粒子 =
| 反粒子 = Wボソン
| ステータス =
| 理論化 = [[ジュリアン・シュウィンガー]]
| 発見 = [[欧州原子核研究機構|CERN]](1983年)
| 記号 = {{粒子の記号|link=yes|Wボソン+-}}
| 質量 = {{val|80.385|15|ul=GeV/c2}}<ref>[[#pdgW|Particle Data Group]]</ref>
| 平均寿命 =
| 崩壊粒子 =
| 電荷 = &plusmn;[[素電荷|e]]
| 荷電半径 =
| 電気双極子モーメント =
| 電気的分極率 =
| 磁気モーメント =
| 磁気的分極率 =
| 色荷 =
| スピン = 1
| スピン状態数 =
| レプトン数 =
| バリオン数 =
| ストレンジネス =
| チャーム =
| ボトムネス =
| トップネス =
| アイソスピン =
| 弱アイソスピン =
| 弱アイソスピン_3 =
| 超電荷 =
| 弱超電荷 =
| カイラリティ =
| B-L =
| X荷 =
| パリティ =
| Gパリティ =
| Cパリティ =
| Rパリティ =
}}
{{Infobox particle
| 背景色 =
| 名前 = Zボソン
| 画像 =
| 説明 =
| 型数 =
| 分類 =
| 組成 = [[素粒子]]
| 統計 =
| グループ = [[ゲージ粒子]]
| 世代 =
| 相互作用 = [[弱い相互作用]]
| 粒子 =
| 反粒子 = Zボソン
| ステータス =
| 理論化 = [[シェルドン・グラショー]]、[[スティーヴン・ワインバーグ]]、[[アブドゥッサラーム]]
| 発見 = [[欧州原子核研究機構|CERN]](1983年)
| 記号 = {{粒子の記号|link=yes|Zボソン}}
| 質量 = {{val|91.1876|21|ul=GeV/c2}}<ref>[[#pdgZ|Particle Data Group]]</ref>
| 平均寿命 =
| 崩壊粒子 =
| 電荷 = 0
| 荷電半径 =
| 電気双極子モーメント =
| 電気的分極率 =
| 磁気モーメント =
| 磁気的分極率 =
| 色荷 =
| スピン = 1
| スピン状態数 =
| レプトン数 =
| バリオン数 =
| ストレンジネス =
| チャーム =
| ボトムネス =
| トップネス =
| アイソスピン =
| 弱アイソスピン =
| 弱アイソスピン_3 =
| 超電荷 =
| 弱超電荷 =
| カイラリティ =
| B-L =
| X荷 =
| パリティ =
| Gパリティ =
| Cパリティ =
| Rパリティ =
}}
'''ウィークボソン''' ({{lang|en|weak boson}}) は[[素粒子物理学]]において、[[弱い相互作用]]を媒介する[[素粒子]]である。'''弱ボソン'''とも言う。
ウィークボソンは[[スピン角運動量|スピン]]1の[[ベクトル]][[ボソン]]で、WボソンとZボソンの二種類が存在する。Wボソンは[[陽子]]の約80倍、Zボソンは約90倍と他の素粒子に比べて大きな[[質量]]をもち、ごく短時間のうちに別の粒子に[[崩壊]]してしまうという特徴を持つ。
687

回編集