「合図」の版間の差分

m
編集の要約なし
m (日付修正)
m
{{参照方法|date=2012年4月}}
'''合図'''(あいず<!--、signal、sign、motion-->)とは物事をしようとするため、予めしておく[[取り決め]]の事である。転じて互いに[[約束]]した方法で物事を知らせる行動や、あらかじめ取り決めておいた知らせるための[[方法]]や[[信号]]など自体をも指す。
 
== 概要 ==
[[成功]]を賭けて行う合図とは、物事をうまく運ぶため、あらかじめ取り決めておいた方法や信号で約束の時機としてその行動を起こすべき事を示し、タイミングと息のあった行動や連携を行わせる[[記号]][[活動]]である。日本に古くからある観念でありその語源は「'''相指図'''」の転じた物である。元々は事を起こすにあたり共同者が互いの行動を予め了解しておく約束という意味で使われていた。合図に用いられる[[記号]]も比較的単純なもので構成され、目配せなどの[[身振り]]や[[旗]]等の視覚的な物と、[[拍手]]や[[号砲]]等の聴覚的なものに大別される
 
== 特性 ==
合図の特徴としてタイミングを合わせるための合意事項である。現在あるいは今後行おうとしている[[行為]]にとって[[タイミング]]が重要である場合、タイミングを外してしまうと全く同じ行動をしても、行動の意味も効果も薄れたり或いは無くなったりしてしまうというがある。これを回避するため、当事者間で合意し[[責任]]を持つ必要があるという点が挙げられる。したがって合図を出すほうも受けるほうもタイミングを外さないように常に[[緊張]]を保つ必要性があり、誤ってタイミングを外した場合、一種の責任さえ生じる性格もある事から当事者同士の息のあった行動や[[連携]]が要求される。また合図[[内容]]は予め了解されているため[[開始]]や[[終結]]を示すだけの場合が多い。このため、見落としはあっても見間違いや誤解はありえない。[[記号]]も比較的単純なもので目配せなどの[[身振り]]や[[旗]]等の視覚的な物と[[拍手]]や[[号砲]]等の聴覚的なものに大別よう工夫されている。
 
== 号令 ==
'''号令'''(ごうれい)とは合図のうち一般的に[[言語]]によって各種の内容を表す物であり、大抵の場合は一定の[[集団]]の内部で制定され指揮者が群に対して[[命令]]を出す場合に利用する。[[語形]]として号令にその行動を一斉にとらせるきっかけを与える'''動令'''(どうれい)と予めある行動に移る心構えを取る様に要求する'''予令'''(よれい)に分けられる物と動令のみの物がある。
 
== 鉄道における合図 ==
117

回編集