メインメニューを開く

差分

出典加筆。
'''嘉治 隆一'''(かじ りゅういち、[[1896年]][[8月3日]] - [[1978年]][[5月19日]])は、日本の政治評論家。[[兵庫県]]生まれ、息子は東大教授・経済学者の[[嘉治元郎]]。[[東京大学|東京帝国大学]]法学部卒、[[南満州鉄道]][[東亜経済調査局]]勤務ののち、[[朝日新聞社|東京朝日新聞社]]に入社、1945年論説主幹、1947年出版局長。その後、[[獨協大学]]講師、文部省大学設置審議会委員、東京市政調査会評議員などを歴任。1945年9月より1946年4月まで朝日新聞のコラム、[[天声人語]]を担当。
 
『[[心 (雑誌)|心]]』同人(生成会)委員も務め、[[柳田國男]]など[[文化人]]との交遊も広かった。[[中江兆民]]・[[田口卯吉]]・[[陸奥宗光]]などの研究・著作解説も行っている。作家[[三島由紀夫]]も父[[平岡梓]]が嘉治の旧友という縁から親い間柄で若き日1951年(昭和26年)出帆の初の世界旅行(詳細は『[[アポロの杯]]』を参照)に関しても世話になっている<ref name="henreki">[[三島由紀夫]]「[[私の遍歴時代]]」([[東京新聞]]夕刊 1963年1月10日 - 5月23日号に掲載)。『私の遍歴時代』([[講談社]]、1964年)。『決定版 三島由紀夫全集第32巻・評論7』(新潮社、2003年)所収。</ref>
 
== 著書 ==
* 修正派社會主義論 [[エドゥアルト・ベルンシュタイン|ベルンシュタイン]] 聚英閣[新人會叢書] 1920.10
* 独仏年誌鈔 [[カール・マルクス|マルクス]]、[[フリードリヒ・エンゲルス|エンゲルス]] 我等社(我等叢書) 1927
 
==脚注==
{{Reflist}}
 
{{People-stub}}
10,386

回編集