「山名四天王」の版間の差分

誤字修正
(誤字修正)
'''山名四天王'''(やまなしてんのう)は、[[室町時代]]から[[戦国時代 (日本)|戦国時代]]にかけて[[山名氏]]で重きをなした[[垣屋氏]]、[[田結庄氏]]、[[八木氏]]、[[田垣氏]]の当主の総称とされる。
 
戦国時代においては[[垣屋続成]]、[[田結庄是義]]、[[八木豊信]]、[[太田垣輝延]]の4人が当主であった。山名氏の衰退とともに独立色を強め、西に[[毛利氏]]、東に[[織田氏]]が台頭すると、2派に分かれ抗争を繰り広げ、山名氏の衰退をさらに加速させた。