メインメニューを開く

差分

m
編集の要約なし
 
== 歴史 ==
[[スペイン・ブルボン朝|スペイン・ブルボン(ボルボン)朝]]の始祖[[フェリペ5世 (スペイン王)|フェリペ5世]]の後妻[[エリザベッタ・ファルネーゼ]]は、[[パルマ公国]]を統治した[[ファルネーゼ家]]出身であった。[[1731年]]にファルネーゼ家が断絶すると、エリザベッタはフェリペ5世との間にもうけた王子[[カルロス3世 (スペイン王)|ドン・カルロス]]にパルマ公位を継がせた。ドン・カルロスは[[ポーランド継承戦争]]で[[ナポリ王国|ナポリ]]・[[シチリア王国|シチリア]]の王位を得たが、引き換えにパルマを[[ハプスブルク君主国|オーストリア・ハプスブルク家]]に譲渡した。しかし[[オーストリア継承戦争]]の結果パルマを取り戻し、[[1748年]]にカルロスの同母弟[[フィリッポ・ディ・ボルボーネ|フェリペ(フィリッポ)]]が公位に就いた(カルロスは1759年に異母兄[[フェルナンド6世 (スペイン王)|フェルナンド6世]]からスペイン王位を継いでいる)。これがブルボン=パルマ家の始まりである。フィリッポは[[フランス君主一覧王国|フランス]][[ルイ15世 (フランス王)|ルイ15世]]の娘[[ルイーズ・エリザベート・ド・フランス|ルイーズ・エリザベート(ルイーザ・エリザベッタ)]]と結婚したが、これによりパルマは政治的にも文化的にも[[フランス王国|フランス]]の影響が強くなった。
 
パルマ公国は[[1796年]]に[[ナポレオン・ボナパルト]]によって征服されるが、ナポレオンはハプスブルク家の分家が治めていた[[トスカーナ大公国]]を取り潰して[[1801年]]に[[エトルリア王国]]を建て、ブルボン=パルマ家の当主[[ルドヴィーコ1世・ディ・ボルボーネ|ルドヴィーコ]]に代償として与えた。エトルリア王国は[[1807年]]、ルドヴィーコの息子[[カルロ・ルドヴィーコ・ディ・ボルボーネ|カルロ・ルドヴィーコ]]の代で廃され、[[フランス第一帝政|フランス帝国]]の直轄領となった。
|boxstyle_CL3=background-color: #faa; }}
{{familytree | | | | | | | | | | | | | | | | | |)|-|-|-|-|-|-|-|.| | | | }}
{{familytree | | | | | | | | | | | | | MPS |y|RB1 |y| MAP | |ENB | | |RB1='''[[ロベルト1世 (パルマ公)|ロベルト1世]]'''<br />パルマ公|MPS=[[マリーア・ピア・ディ・ボルボーネ=ドゥエ・シチリエ|マリア・ピア・ディ・ボルボーネ=ドゥエ・シチリエ]]|MAP=[[マリーア・アントーニア・デル・ポルトガッロ|マリア・アントニア・デル・ポルトガッロ]]|ENB=[[エンリコ・カルロ・ディ・ボルボーネ=パルマ (1851-1905)|エンリコ]]<br />バルディ伯
|boxstyle_RB1=background-color: #faa;|boxstyle_ENB=background-color: #faa; }}
{{familytree | | | | | |,|-|-|-|v|-|-|-|v|-|^|-|.| |`|-|-|-|.| | | | | | }}
{{familytree | F1B |~|MLS | |ENR | |GSP | |ELS |y| MAA |!| | | | | |ENR='''[[エンリコ・ディ・ボルボーネ=パルマ|エンリコ]]'''|GSP='''[[ジュゼッペ・ディ・ボルボーネ=パルマ|ジュゼッペ]]'''|ELS='''[[エリア・ディ・ボルボーネ=パルマ|エリア]]'''|MAA=[[マリア・アンナ・フォン・エスターライヒ (1882-1940)|マリア・アンナ・ダウストリア]]|MLS=[[マリ・ルイザ・ディ・ボルボーネ=パルムスカ|マリア・ルイーザ]]|F1B=[[フェルディナンド1世 (ブルガリア王)|フェルディナンド1世]]<br />ブルガリア王
|boxstyle_MLS=background-color: #faa;|boxstyle_ENR=background-color: #faa;|boxstyle_GSP=background-color: #faa;|boxstyle_ELS=background-color: #faa; }}
{{familytree | | | | | | | | | | | | | | | | | | | |!| | | |!| | | | | | }}
41,398

回編集