「ジョルジュ・ソレル」の版間の差分

編集の要約なし
一方、ソレル自身はあくまでマルクス主義理論家であった。ソレルは[[イタリア]]のマルクス主義の父[[アントニオ・ラブリオーラ]]と親交を持っていて、[[フランス語]]に翻訳された「歴史の唯物論概念」についてのラブリオーラの[[エッセイ]]に序文を書いている。さらには主著の『[[暴力論]](『暴力に関する考察』) Reflexions sur la Violence, [[1908年]]』第五版の付録として、《[[ウラジーミル・レーニン|レーニン]]のために Pour Lenine 》という題の論文を書いて憲法制定会議をボイコットして[[社会主義]]を宣言したレーニンの行為を弁護し、[[ロシア革命]]をたたえている。
 
彼の著書は[[ヴィルフレド・パレート]]及び[[ベネデット・クローチェ]]に絶賛され、彼の思想は[[カトリック教会|カトリック]]・反民主主義の政治傾向(例えば[[カール・シュミット]]など)、特に[[ファシズム]]には絶大な影響を与え、[[ベニート・ムッソリーニ|ムッソリーニ]]「ファシズムの精神的な父」「私の師」「私自身はソレルに最も負っている」と呼ばれ発言して<ref>Mediterranean Fascism 1919-1945 Edited by Charles F. Delzel, Harper Rowe 1970, page 3</ref><ref>Schreiber, Emile. L’Illustration, No. 4672 (September 17, 1932). </ref><ref> Versluis, Arthur.''The New Inquistions''. Oxford University Press, 2006.</ref>。また、[[ヴァルター・ベンヤミン]]が著した『[[暴力批判論]]』はソレル『暴力論』の影響を受けている。
 
==邦訳==
==参考文献==
*『ソレルのドレフュス事件―危険の思想家、民主主義の危険』川上源太郎 中公新書1996/5)
 
 
== 参照 ==
{{Reflist}}
 
==関連項目==
1,600

回編集