「円記号」の版間の差分

編集の要約なし
m (Ұは無関係な文字)
{{記号文字|¥}}
 
'''¥''' は、[[中華人民共和国]]の[[人民元]]や[[日本]]の[[通貨]][[単位]]の[[円 (通貨)|円]]や[[中華人民共和国]]の[[人民元]]などを表す[[通貨記号]]である。[[Unicode]]文字名称は「{{smallcaps|Yen Sign}}」、[[JIS X 0213|JIS]]文字名称は'''円記号'''(えんきごう)。金額を表す数字に前置する。
 
この円記号は、[[コンピュータ]]での[[Unicode文字のマッピング|文字コード変換マッピング]]に厄介な問題を抱えた[[約物|記号]]の1つ(類似の問題を抱える記号には「[[ウォン記号|₩]]」がある)として知られ、円記号のその問題は「円記号問題」と呼ばれる。
[[Image:Yuan sign single.svg|thumb|75px|横線が1本加えた円記号]]
 
一方、[[中国]]では本来の通貨単位である「[[圓]]」を、[[貨幣]]を表すにふさわしい・[[筆画|画数]]が少ない等の理由から、[[同音異字]]の「元」に代替した。双方、[[拼音]]で「yuán」と綴り、この頭文字に横線を1本または2本加えた記号「¥」を[[漢字]]と同じ[[マルチバイト文字|2バイト文字]]として用意し、コンピュータ用の[[文字集合]][[GB 2312]]に採用した結果、徐々に実社会でも普及した。
[[幕末]]の英米人により、「円」は「en」ではなく「yen」と綴られた(詳細は[[円 (通貨)]]を参照)。[[ドル]]の習慣に合わせて、その頭文字Yに同様の二重線を入れたものが「¥」の由来であるとする説が一般的である。
 
一方、[[幕末]]の英米人により、「円」は「en」ではなく「yen」と綴られた(詳細は[[円 (通貨)]]を参照)。[[ドル]]の習慣に合わせて、その頭文字Yに同様の二重線を入れたものが「¥」の由来であるとする説が一般的である。
一方、[[中国]]では本来の通貨単位である「[[圓]]」を、[[貨幣]]を表すにふさわしい・[[筆画|画数]]が少ない等の理由から、[[同音異字]]の「元」に代替した。双方、[[拼音]]で「yuán」と綴り、この頭文字に横線を1本または2本加えた記号「¥」を[[漢字]]と同じ[[マルチバイト文字|2バイト文字]]として用意し、コンピュータ用の[[文字集合]][[GB 2312]]に採用した結果、徐々に実社会でも普及した。
 
{{節stub}}
{{clear}}
== 各国の用法 ==
=== 日本 ===
数字の前につけることにより「 - 円」という意味になる。
 
例:¥200(200円)
 
また、「¥200.-」のように数字の前に円記号、数字の後に[[終止符|ピリオド]]と[[ダッシュ (記号)|ダッシュ]]を入れて、前や後に数字を書き加えられることを防ぐこともある。これは[[銭]]の単位が日常的に用いられていた頃に、例えば「10円50銭」を「¥10.50」といったように表記していた名残である。
 
=== 中国 ===
数字の前につけることにより「 - 元」という意味になる。
 
日本円と特に区別したい場合は、CN¥またはRMB¥(人民幣元、rénmínbì yuán の略)と書くことも行われる。
 
=== 日本 ===
数字の前につけることにより「 - 円」という意味になる。
 
例:¥200(200円)
 
また、「¥200.-」のように数字の前に円記号、数字の後に[[終止符|ピリオド]]と[[ダッシュ (記号)|ダッシュ]]を入れて、前や後に数字を書き加えられることを防ぐこともある。これは[[銭]]の単位が日常的に用いられていた頃に、例えば「10円50銭」を「¥10.50」といったように表記していた名残である。
 
== コンピュータによる扱い ==
匿名利用者