メインメニューを開く

差分

加筆修正
}}
 
『'''東宝ニューフェイス'''』(とうほうニューフェイス)は、[[映画会社]]・[[東宝]]が戦後の[[1946年]]から[[1960年代]]後半にかけ、[[俳優]]を発掘するために開催していた[[オーディション]]。第1回の[[三船敏郎]]や[[久我美子]] <ref>ニューフェースを育てる(田中栄三)「近代映画」昭和22年4月号</ref>をはじめとして多くのスター俳優を輩出した。なお、ニューフェイスとういう名称では、1960年の第15期までで1961年からは、オール東宝ニュータレントという名称となり<ref>お宝映画・番組私的見聞録 2009年8月22日 http://ameblo.jp/tetsu8/entryday-1032587759520090822.html}</ref>1968年度の第8期まで開催された。関係者の中では慣例として両者ともニューフェイスと称しているため混乱して語られる傾向がある。<ref>伊吹吾郎 13000人の応募勝ち抜き東宝ニューフェイス合格した(週刊ポスト2013年12月6日号)http://www.news-postseven.com/archives/20131130_228874.html}</ref>
 
== 概要 ==
 
;[[1960年]] / 15期
* [[古谷敏]] ・[[二瓶正也]]ほか            
 
<オール東宝ニュータレント>
 
;[[1966年]] / 6期
* [[ひし美ゆり子|菱見 地谷子]]・[[小林夕岐子]]・[[高橋厚子]]・[[牧れい|宮内恵子]] ・若原啓子・斉藤宜丈ほか
 
;[[1967年]] /7期
2,081

回編集