「アルミホイール」の版間の差分

編集の要約なし
このため機能を重視する[[スポーツカー]]での採用だけでなくその他の一般車両にも広がりを見せており、標準装着または[[ディーラー]]オプションとして多数用意されることは珍しくない。また[[カー用品|自動車用品店]]では社外品(自動車メーカーではない、第三者メーカーの品)も多く発売されている。
 
なお、[[スチールホイール]]からアルミホイールに履き替える場合、[[車検証]]に「乗用」と記載されていない車両(4ナンバーの貨物車両など)の場合には購入対象のアルミホイールの技術基準適合状況を事前によく確認する必要がある。[[保安基準]]の告示<ref>{{PDFlink|[http://www.mlit.go.jp/jidosha/kijyun/saimokubetten/saibet_002_00.pdf 道路運送車両の保安基準の細目を定める告示【2008.07.07】別添2(軽合金製ディスクホイールの技術基準)]}}</ref>では、「専ら乗用の用に供する乗車定員10人以下の自動車(乗用車)を除く普通自動車、小型自動車及び軽自動車」には「トラック及びバス用軽合金製ディスクホイールの技術基準に適合したホイール(JWL-T規格)」が必要とされており、乗用車以外の車両のアルミホイールは[[JWL|JWL-T]]刻印が打刻されているものでなければ保安基準に適合せず、車検に通らないためである<ref>ただし4ナンバー車両のうち、最大積載重量が350 kg以下のものについては、[[JWL]]のみの適合で良いという判断を行う[[陸運局]]や[[軽自動車検査協会]]も有るため、事前に地元の陸運局にも確認を取っておくことが望ましい。</ref>。
 
=== 大型自動車用ホイール ===
 
=== 鍛造アルミホイール ===
[[鍛造]]アルミホイールは、アルミニウム合金を鍛造(高圧プレス、加熱、裂開、圧縮進展、熱処理など)成型する。生産に手間を要するために高価であり、成型時のデザイン自由度に制限がある。しかし、鋳造に比べて強度が優れ軽量に作ることが出来できるメリットがある。その硬度故に引っ張り強度には強いが曲げ強度に弱いという側面も持つ。
 
最近では合金材料や製造技術が進歩し、コストもしだいに低くなっており、一部の高級車や軽量化を徹底したハイブリッド車などではライン装着(純正標準装着)にも採用されている。
* [[スチールホイール]]
* [[マグネシウムホイール]]
* [[レイズ]]
* [[ワーク (企業)|ワーク]]
* [[BBS (自動車部品メーカー)|BBS]]
* [[O・Z (企業)|O・Z]]
 
== 出典 ==