「深夜業」の版間の差分

m
→‎労働基準法による制限: 出典がないため独自解釈となっている部分を除去
m (→‎労働基準法による制限: 出典がないため独自解釈となっている部分を除去)
*満18歳未満の[[少年|年少者]](労働基準法61条1項)。ただし以下の場合は年少者に深夜業をさせることができる。
**[[交代勤務|交替制]]によって使用する満16歳以上の男性である場合(労働基準法61条1項但書)。
***交替制によって労働させる事業については、行政官庁(所轄[[労働基準監督署]]長)の[[許可]]を受けて、午後10時30分まで労働させ、又は午前5時30分から労働させる場合(労働基準法61条3項)。つまり午後10時から30分の延長労働を行う事ができ、連続で労働する場合は午前5時から30分の開始延長を行わなければならない
**農林業、水産・養蚕・畜産業、保健衛生業又は電話交換の業務に使用される年少者の場合(労働基準法61条4項、別表第一)。
***電話の事業に使用される年少者であっても、電話交換の業務以外の業務に従事する者については深夜業は認められていない。
3,313

回編集