「チェスター・カールソン」の版間の差分

m
編集の要約なし
m (ボット: 言語間リンク 15 件をウィキデータ上の (d:Q468452 に転記))
m
 
== 教育 ==
[[:en:Riverside Junior College|Riverside Junior College]] から[[カリフォルニア工科大学]]に移り、1930年に物理学の学士号を取得し、[[ニューヨーク]]の[[ベル研究所]]で研究技術者として働くようになった。仕事が退屈で身が入らなかったため、[[特許]]部門に転属となった。1933年には[[世界恐慌]]の影響で解雇され、[[ニューヨーク]]の[[ウォール街]]近くの弁理士事務所の事務員の職を得た。約1年後、エレクトロニクス企業 P. R. Mallory Company(現在の[[デュラセル]])に転職。そこで特許部門の管理職となった。1936年からニューヨークのロースクールに夜間通い始め、1939年に法学の[[学士 (法学)|学士]]号を得た。
 
[[特許法]]を学んだことは後々、[[電子写真]]の基本原理を発展させる上で大いに役立つことになる。
18,861

回編集