「王の二つの身体」の版間の差分

(不必要な見出し(WP:LS))
カントロヴィチは本書の中で、ヨーロッパの王の二つの身体が統一されており、王が生きている限りは分離されることがないという神学的思考を歴史的に辿ってみせる。この神学的思考はキリストの受肉が下地となり、[[清教徒革命]]、ひいては[[民主主義]]の精神の母胎となったという。
 
== 関連書籍日本語訳 ==
* [[小林公]]訳 『王の二つの身体 中世政治神学研究』 [[平凡社]]、1992年。
**『王の二つの身体 〈上・下〉』 [[筑摩書房]][[ちくま学芸文庫]]上・下)、2003年。上記の単行本の改訂文庫版。
 
{{DEFAULTSORT:おうのふたつのからた}}
匿名利用者