「シュクラ」の版間の差分

意味が分からない脚注を除去。ウシャナスでありウシャスではない。分かりにくい日本語を直し体裁を整える。でたらめなカテゴリ付けを適正化。画像を適正化。
(08:02, 19 April 2014‎w:en:Shukra版翻訳(ウシャスシュクラの部分)、注釈追加、画像変更)
(意味が分からない脚注を除去。ウシャナスでありウシャスではない。分かりにくい日本語を直し体裁を整える。でたらめなカテゴリ付けを適正化。画像を適正化。)
[[File:Shukra graha.JPG|thumb|right|200px|シュクラ]]
[[Image:033-vamana.jpg|thumb|right|200px|椅子に座るのがマハーバリ。左が乞食の少年として紫の皮膚の姿でマハーバリ王に尋ねるヴァーマナ(ヴィシュヌ)]]
[[File:Sukracarya advises his daughter Aruja to remain beside the lake near his hermitage while a dust storm devastates the accursed kingdom of Danda.jpg|180px|right|thumb|シュクラ(右)とシュクラの娘(左)]]
[[File:Shukradeva.jpg|180px|right|thumb|シュクラと配偶神Dwarjaswini]]
'''シュクラ'''(Shukra)または'''スクラチャリヤ'''(Sukracharya)とは[[インドにおけるのことである。意味は純粋、清浄、白という意味である。シュクラは金曜と金星をつかさどる役目を持つ。[[ブリグ族]]出身して登場する[[リシ]](聖仙、聖賢)あるいは神の名前。リシである[[ブリグ]]の息子<ref>シュクラはウシャス=シュクラ(Ushanas Shukra)して女神[[ウシャス]]と同一視されることもあるが、本記事ではシュクラは男とする。</ref>。シュクラその名前アスラグルとも呼ばれアスラたち「純粋」「清浄」「白」教導意味る役目も持つ。このためシュクラは偉大なるアスラの王マハーバリに従事したこともある。九曜漢字では「戌羯羅」である。九曜では西方大白星でもある。仏教では頭上に酉の冠を載せ、白練衣を着、弦を弾く姿であと音写される。
 
 
== 脚注概要 ==
九の天体、あるいはそれらを司る神々[[九曜|ナヴァグラハ]]の一員であり、金曜と金星を司るとされた。中国では西方太白星と同一視される。
 
シュクラはアスラグルとも呼ばれ[[アスラ]]たちを教導する役目も持つ。このためシュクラは偉大なるアスラの王[[マハーバリ]]に従事したこともある。
 
仏像としては、頭上に酉の冠を載せ、白練衣を着、弦を弾く姿で表される。
 
== 真言 ==
帰名
{{Cquote|
 唵 吠尾毘 娑婆訶 唵 戌羯羅 誐駄嚩囉羅 邏惹野 室哩迦 娑嚩賀 <オン ベイビビ ソワカ オン シュカラ ギャダバラバラ ラジャヤ シリカ ソワカ>(「新編 仏像図鑑 上」p.136より)
}}
 
== 脚注 ==
<references />
 
== 参考文献 ==
*国訳秘密儀軌編纂局 「新編 仏像図鑑 上」国書刊行会, 1991,p136 p.136.
 
==関連項目==
*[[九曜]]
*[[マハーバリ]]
 
{{Myth-stub}}
{{DEFAULTSORT:しゆくら}}
[[category:インド神話の種族リシ]]
766

回編集