メインメニューを開く

差分

ギリシャ人は[[アレクサンドロス3世]]のころまで木綿を知らず、ほぼ同時代の[[メガステネス]]が『インド誌』の中で[[セレウコス1世]]に「(インドには)羊毛が生える木がある」と教えている。
 
The Columbia Encyclopedia, Sixth Edition[[コロンビア百科事典]]第六版<ref>"cotton". The Columbia Encyclopedia, Sixth Edition. 2001-07.</ref> によれば、紀元1世紀に[[アラブ人]]商人が[[モスリン]](本来は綿織物)や[[キャラコ]]をイタリアやスペインにもたらした。[[ムーア人]]がスペインに木綿栽培法をもたらしたのは9世紀のことである。ファスチャン織りやディミティ織りは14世紀に[[ヴェネツィア]]や[[ミラノ]]で織られていたが、当初は縦糸に[[リンネル]]を使っていた。イングランドに15世紀以前に輸入された木綿布はごくわずかだが、その一部は[[ろうそく]]の芯に使われた。17世紀には[[イギリス東インド会社]]がインドから珍しい綿織物をもたらした。[[アメリカ州の先住民族|アメリカ先住民]]は木綿を紡いで衣服や染色したタペストリーを作っていた。[[ペルー]]では[[インカ帝国]]以前の墓から木綿の布が見つかっている。染色や織り方の面で、ペルーやメキシコの綿織物は古代エジプトの墓から見つかったものとよく似ている。
 
[[イラン]]([[ペルシャ]])での木綿の歴史は[[アケメネス朝]](紀元前5世紀ごろ)まで遡る。しかし、イスラム化する以前のイランでの木綿栽培に関する文献は非常に少ない。13世紀の[[マルコ・ポーロ]]はペルシャの主要産品として木綿も挙げている。17世紀フランスの旅行家[[ジョン・カルダン]]は[[サファヴィー朝]]を訪れ、その広大な綿花[[農場]]を紹介している<ref>[http://www.encyclopaediaislamica.com/madkhal2.php?sid=2820 Encyclopaedia Islamica Foundation. بنیاد دائره المعارف اسلامی ], Retrieved on 28 February 2009; The original Persian text: تاریخچهٔ پنبه در ایران احتمالاً به دوران هخامنشیان بازمی گردد، اما دربارة کاشت پنبه پیش از دورة اسلامی ایران اطلاعات معتبر اندکی در دست است. ] به نوشتة مؤلف حدودالعالم (ح ۳۷۲)، در مرو، ری و ناحیة فارس کشت پنبه رواج داشته‌است (ص ۹۴، ۱۳۰، ۱۴۲). همچنین اشارات متعددی به پنبه در آثار شاعران، بویژه شاهنامة فردوسی (کتاب سوم، ج ۵، ص ۱۴۷۵ـ ۱۴۷۶، کتاب چهارم، ج ۶، ص ۱۹۹۹، ۲۰۰۴) وجود دارد. در قرن هفتم / سیزدهم، مارکوپولو به محصولات عمدة ایران از جمله پنبه اشاره می‌کند (ج ۱، ص ۸۴) [. ژان شاردن، جهانگرد مشهور فرانسوی در قرن یازدهم / هفدهم، که از ایران دورة صفویه بازدید کرده، وجود کشتزارهای وسیع پنبه را تأیید کرده‌است (ج ۲، ص ۷۱۲).</ref>。
匿名利用者