メインメニューを開く

差分

→‎概要: 修正
[[東宝争議]]が始まった[[1946年]]6月3日に1回目を開催、新人([[ニューフェイス]])を採用していった。入社後、東宝演技研究所の研修を受け、東宝制作の[[映画]]・[[テレビドラマ]]・[[演劇]]に出演していく。ニューフェイスのなかには研修を満了しないうちに[[デビュー]]する者もおり、[[宝田明]]は研修期間中に『[[ゴジラ (1954年の映画)|ゴジラ]]』の[[主演]]へ抜擢され研修仲間に自慢したという。[[1968年]]のオール東宝第8期をもってオーディションは終焉している。
 
当時はその後、[[日活]]の製作再開に俳優などの引き抜き防止のため[[五社協定]]が締結されていたため、[[東映ニューフェイス]]や[[松竹]]・[[大映]]・[[日活]]・[[新東宝]]など、各映画会社がニューフェイスを定期的に公募していするようになった。
 
== 出身者 ==
2,081

回編集