「ベン・ホーガン」の版間の差分

m
編集の要約なし
m編集の要約なし
m編集の要約なし
しかし、[[1950年]]の[[ノーザン・トラスト・オープン|ロサンゼルス・オープン]]大会において、ホーガンが事故のわずか11ヶ月後にトーナメントに復活を果たし、しかもプレーオフで[[サム・スニード]]に敗れはしたものの第2位の成績を収めた。
 
当時の高名なスポーツ記者、グラントランド・ライスは、この大会でホーガンが2位に終わったことを「記録からすれば負けた方の栄誉をたたえるためにこの場に集まりました。しかし、は負けたハートないと言いたいのです。ただもはやそれ以上順位強烈な気力狙うのに耐えられるほど、彼の両脚は強くなかっただけです<ref>「ベン・ホーガンのゴルフ人生」ボブ・トーマス(1999)、220頁</ref>と評した。
 
しかしながら、ホーガンは、これら評論家達の声を尻目に、復活からわずか5ヵ月後にメリオン・カントリークラブ18番ホールのプレーオフでロイド・マングラムとジョージ・ファジオを下し、自身2度目となる全米オープン優勝を達成した。また、この後もホーガンは、事故で痛めた片足を引きずりながらも、6つのメジャー大会を含むプロゴルフツアー (PGA) 12勝を達成している。
 
[[1953年]]に第17回[[マスターズ・トーナメント|マスターズ]]、第53回[[全米オープン (ゴルフ)|全米オープン]](オークモント、観衆から選手を引き離すためのロープが導入された大会)、第82回[[全英オープン (ゴルフ)|全英オープン]](カーヌスティ)でゴルフ史上初のメジャー大会年間3冠を達成。この年出場したメジャー大会すべてで勝利を挙げるという快挙でもあった。当時のスケジュールでは全米プロゴルフ選手権最終日は全英オープン会期中に設定されたため両方に出場するのは不可能であり、しかも全米プロゴルフ選手権はマッチプレイ形式で1週間ほぼ連日36ホールを戦わねばならず、ホーガンは肉体的負担などを考慮して、キャリアで一度だけ全英オープンを選択して出場したと推測される。全英オープンでは、ディフェンディングチャンピオンの[[ボビー・ロック]]、後に全英を五度制覇した[[ピーター・トムソン]]、[[ロベルト・デ・ビセンゾ]]、[[ダイ・リー]]らの挑戦を退け、2位に4打差で、全英オープン大会レコード・カーヌスティコースレコードを更新して優勝した。全英オープン初優勝を果たして帰国すると、[[ニューヨーク]]で紙吹雪の舞う凱旋パレードで迎えられた。同年にはトッププロスポーツ選手として[[ヒコック・ベルト]](''Hickok Belt'', 1950年から1976年まで存在した年間最優秀プロスポーツ選手賞)を授与された。
 
引退後は、ゴルフ・クラブ製造会社(その後、キャロウェイ社(Callaway Golf Company)が保有)を創立した。今日でも、彼の名前を冠したゴルフクラブは数多く製造、使用されている。一方、ホーガンが60代後半になるまで、シニアツアーは創設されなかったために、彼はこのツアーには参戦していない。晩年は[[アルツハイマー病]]に悩み、[[1997年]][[7月25日]]に84歳で逝去した。