メインメニューを開く

差分

m
 
その他には近年一般的となったカムの位相を変化させる[[可変バルブタイミング機構]]と相性が良いというメリットもある。SOHCでは吸排気バルブを一つのカムで駆動するためカムの位相を変化させると給排気両方の位相が同じだけ変化してしまうため効果が得られにくい。
このためカム位相を変化させるバルブタイミング機構を採用する場合、例外<ref>三菱[[MIVEC]]の一部の方式(例・[[三菱・4J1型エンジン#4J10|4J10型]]エンジン)ではSOHCながらカムの位相変化を行なっている。アメリカでは吸気カムローブが独立して稼働するカムシャフトを用いて吸気バルブの位相変化を行うOHVエンジンも存在する。</ref>を除き基本的にDOHCとなる。
 
== 歴史 ==
728

回編集