「ルイ・ファン・ハール」の版間の差分

典拠つき加筆。
m (画像追加)
(典拠つき加筆。)
 
== 人物 ==
サッカー界屈指の戦術家であり、選手個々の能力よりもシステムを重視する傾向がある。[[FCバルセロナ|バルセロナ]]時代には[[リバウド]]、[[ルイス・フィーゴ]]、[[フアン・ロマン・リケルメ|リケルメ]]といった卓越したテクニックを持つ選手にも守備を強要し、軋轢を生んだ<ref name = "FOOTBALL CHANNEL">{{Cite web |url = http://www.footballchannel.jp/2014/05/02/post38885/2/ |title = マンU新監督候補、ファン・ハール。ファーガソン帝国を壊す“劇薬”、香川とソリ合わない可能性も |accessdate = 2014-5-8 |author = 海老沢純一 |authorlink = 海老沢純一 |date = 2014-5-2 |work = 海外サッカー > プレミアリーグ |publisher = [[フットボールチャンネル]] |page = 2 <!--|archiveurl = http://web.archive.org/web/20140508100821/http://www.footballchannel.jp/2014/05/02/post38885/2/ |archivedate = 2014-5-8--> }}</ref>。試合中、自チームの勝敗に関わらずベンチで熱心にメモを取る姿がしばしば見られる。[[FCバルセロナ|バルセロナ]]監督時代には、ファンから「落書きは便所でしろ!」と野次を受けた事もあった
 
オランダ国外のクラブでも、オランダ人選手を積極的に獲得し重用する傾向がある。バルセロナでは[[パトリック・クライファート]]、[[ミハエル・ライツィハー]]、[[マルク・オーフェルマルス]]、デブール兄弟らアヤックス時代の愛弟子を中心にレギュラー選手の半数近くでオランダ人選手を起用し、その方針はバルセロナ地元紙などで酷評された。バイエルンでは[[マルク・ファン・ボメル]]をキャプテンに任命したが、ドイツ人でない選手がキャプテンになることはバイエルン史上初めてのことであった。若手選手を積極的に起用する傾向がある。2度のバルセロナ監督時代には10代の頃の[[シャビ]]や[[アンドレス・イニエスタ]]をカンテラからトップチームに引き上げて重用した。バイエルンではトップチーム昇格一年目の[[トーマス・ミュラー]]、[[ホルガー・バトシュトゥバー]]をレギュラーに抜擢し成果を上げたが、[[ルカ・トーニ]]、[[ルシマール・ダ・シウヴァ・フェレイラ|ルシオ]]など実績のあるベテランを冷遇し彼らの退団へと繋がった。
試合中、自チームの勝敗に関わらずベンチで熱心にメモを取る姿がしばしば見られる。[[FCバルセロナ|バルセロナ]]監督時代には、ファンから「落書きは便所でしろ!」と野次を受けた事もあった。
 
バルセロナ監督時代にヨハン・クライフから批判された経緯から、クライフを「一生許さない」というほどの対立関係である。ロナルド・クーマンとはアヤックスのテクニカル・ディレクター時代に対立したが、2012年のオランダ代表監督就任を契機に和解したと見られており、代表選手の多く所属するフェイエノールトの監督であるクーマンとは多く連絡を取っている<ref>http://www.ad.nl/ad/nl/1049/Oranje/article/detail/3347975/2012/11/14/Koeman-en-Van-Gaal-kunnen-het-prima-vinden.dhtml</ref>。ステレオタイプ、規律に厳しく自信過剰のイメージがつきまとうが、バイエルン・ミュンヘン時代を経て2度目のオランダ代表監督就任後は「父親役」として若い代表選手たちと熱心にコミュケーションを取り、オランダメディアからも成長を評価されている<ref>http://www.ad.nl/ad/nl/1049/Oranje/article/detail/3347894/2012/11/14/Ludwig-von-Gaal-wordt-Van-Gaal-2-0-een-en-al-Freundlichkeit.dhtml</ref>。
オランダ国外のクラブでも、オランダ人選手を積極的に獲得し重用する傾向がある。バルセロナでは[[パトリック・クライファート]]、[[ミハエル・ライツィハー]]、[[マルク・オーフェルマルス]]、デブール兄弟らアヤックス時代の愛弟子を中心にレギュラー選手の半数近くでオランダ人選手を起用し、その方針はバルセロナ地元紙などで酷評された。バイエルンでは[[マルク・ファン・ボメル]]をキャプテンに任命したが、ドイツ人でない選手がキャプテンになることはバイエルン史上初めてのことであった。
 
漫画『[[キャプテン翼#キャプテン翼 ROAD TO 2002|キャプテン翼 ROAD TO 2002]]』の登場人物である[[キャプテン翼の登場人物#ヨーロッパ (2)|エリック・ファンサール]]のモデルである<ref name = "FOOTBALL CHANNEL"/>。
また若手選手を積極的に起用する傾向がある。2度のバルセロナ監督時代には10代の頃の[[シャビ]]や[[アンドレス・イニエスタ]]をカンテラからトップチームに引き上げて重用した。バイエルンではトップチーム昇格一年目の[[トーマス・ミュラー]]、[[ホルガー・バトシュトゥバー]]をレギュラーに抜擢し成果を上げたが、[[ルカ・トーニ]]、[[ルシマール・ダ・シウヴァ・フェレイラ|ルシオ]]など実績のあるベテランを冷遇し彼らの退団へと繋がった。
 
バルセロナ監督時代にヨハン・クライフから批判された経緯から、クライフを「一生許さない」というほどの対立関係である。
 
ロナルド・クーマンとはアヤックスのテクニカル・ディレクター時代に対立したが、2012年のオランダ代表監督就任を契機に和解したと見られており、代表選手の多く所属するフェイエノールトの監督であるクーマンとは多く連絡を取っている<ref>http://www.ad.nl/ad/nl/1049/Oranje/article/detail/3347975/2012/11/14/Koeman-en-Van-Gaal-kunnen-het-prima-vinden.dhtml</ref>。
 
ステレオタイプ、規律に厳しく自信過剰のイメージがつきまとうが、バイエルン・ミュンヘン時代を経て2度目のオランダ代表監督就任後は「父親役」として若い代表選手たちと熱心にコミュケーションを取り、オランダメディアからも成長を評価されている<ref>http://www.ad.nl/ad/nl/1049/Oranje/article/detail/3347894/2012/11/14/Ludwig-von-Gaal-wordt-Van-Gaal-2-0-een-en-al-Freundlichkeit.dhtml</ref>。
 
== 獲得タイトル ==
596

回編集