メインメニューを開く

差分

概要の補足と訂正。
==概要==
社名は『[[アンネの日記]]』で[[月経]]に関する記述があったことに由来する。
日本においては、平安時代以降、長く穢れとして扱われていた月経を『アンネの日記』においては”甘美な秘密”と肯定的に表現しており、これがアンネ社の目指す月経観であるとして社長が「アンネ」を社名として提案した。
 
1961年「アンネナプキン」発売した時のキャッチフレーズ『'''40年間お待たせしました'''』については、ンネの日記』の著者[[アンネ・フランク]]が[[月経#初潮|初潮]]を迎えたときから40年が経過していたメリカに遅れることから、こう付けられた。しかし、実際にはアンネ・フランクはその40年前(1921年)にはまだ出生しておらず初潮を迎えたも1942年の隠れ家に移り住んだ後である
(アメリカでは40年前に既にコーテックスという生理用品が発売され、有経女性の80%が紙綿の生理用品を使っていた)
 
その後、厚生省から「40年間お待たせしました!」のキャッチコピーに対し、まるで40年間ずっとナプキンの研究を行っていたかのような誤解を与えるため、改めるようにとの指導があり『〈〈アンネの日〉ときめました!』を新たにキャッチコピーとして採用した。
月経の[[隠語]]として“アンネ”という言葉が使われることがあるが、語源はこの会社名である。
 
2

回編集