「鶴見済」の版間の差分

 
== 人物 ==
大学時代に[[社会学者]]・[[見田宗介]]に出会い、その思想に影響を受けたり、ゼミにも参加した[[歴史学者]]・[[木村尚三郎]]の低成長時代論から影響を受ける。大学卒業後、大手電機メーカー、出版社勤務を経てフリーライターとなる。[[1993年]]『[[完全自殺マニュアル]]』([[太田出版]])が[[ベストセラー]]となったことで一躍有名となった。
 
鶴見は一貫して、現代日本社会における「生きづらさ」「どうすれば楽に生きられるのか」という問題にこだわってきた。